東海大学との協定

  • 更新日:
    平成30年2月5日

【問い合わせ】経営企画課経営企画係・企画調整主査(電話:03-3463-1191)

渋谷区は、区内にキャンパスがある東海大学と、地域の社会的課題を協働して解決していく「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結することとし、平成30年1月30日(火曜日)、長谷部健渋谷区長と東海大学の山田清志学長が調印を行いました。
調印の際、山田学長からは「東海大学はこれまで16の県、府、政令指定都市と協定を締結していますが、今回、渋谷区との既存の協定をより発展させていくこととなり、改めて連携を深めていきたい。」との話があり、長谷部区長からは「今後区が新しい観光の在り方を探求する中で、ぜひ知見をお借りしたいですし、学生の皆さんがこの街の中で学ぶ機会が多くあればと思います。オリンピック・パラリンピックや防災など、さまざま部分で街を盛り上げていただきたい。」と話がありました。
今後、この協定に基づき、観光及び地域活性化に関する支援のほか、教育・生涯学習に関する支援など、さまざまな分野における課題解決に協働して取り組んでいきます。

協定分野の概要

  1. 観光及び地域活性化に関する支援
  2. 教育・生涯学習に関する支援
  3. 災害対策に関する支援
  4. 人材育成に関する支援
  5. 健康・スポーツ振興に関する支援
  6. その他、相互に連携協力することが必要と認められる支援

PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。
詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。