株式会社アダストリアとの協定

  • 更新日:
    平成30年2月20日
【問い合わせ】経営企画課経営企画係・企画調整主査(電話:03-3463-1191)
 
渋谷区は、区内に本部がありアパレルブランドを展開する株式会社アダストリアと、地域の社会的課題を協働して解決していく「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結することとし、平成30年2月9日(金曜日)、長谷部健渋谷区長と株式会社アダストリアの福田三千男会長兼CEOが協定書に調印を行いました。
調印の際、福田会長からは「渋谷はファッションの発信地であること、テクノロジー企業が多く新しいものを生み出す力があることから、昨年本部を移転した。スタッフも渋谷の街に触発され、新しいアイデアが生まれている。この度の協定締結をステップとして、より魅力ある街づくりのための施策を提案し、渋谷区の発展に寄与していきたい。」との話があり、長谷部区長からは「渋谷区では、街で人々が混じり合うことで常に新しいファッションや文化が生まれてきた。今後、本協定が契機となり、他のS-SAP協定企業・大学と混じり合うことでどのようなイノベーションが生まれるのか楽しみにしています。」と話がありました。
今後、この協定に基づき、ファッションビジネス及び企業家の育成に関する支援やスポーツ・健康増進に関する支援など、さまざまな分野における課題解決に協働して取り組んでいきます。

協定分野の概要

  1. ファッションビジネス及び起業家の育成に関する支援
  2. スポーツ・健康増進に関する支援
  3. 次世代育成に関する支援
  4. シブヤカルチャーの発信に関する支援
  5. 多様性社会(ダイバーシティ)の実現に関する支援
  6. 災害対策に関する支援
  7. 人材育成に関する支援
  8. その他、相互に連携協力することが必要と認められる支援

シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定書(PDF 264KB)
PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。
詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。