渋谷区の職員の障害者雇用率について

  • 更新日:
    平成30年10月2日

【問い合わせ】人事課人事係(電話:03-3463-1349)
 

この度、国の行政機関や地方公共団体は、障害者雇用率を含む雇用状況の再点検を実施いたしました。 本区においても、国の「プライバシーに配慮した障害者の把握・確認ガイドライン」に沿って再点検を実施したところ誤算定が判明いたしました。このような結果となったことを重く受け止め、再発防止を図るとともに、積極的な障害者雇用の実施に努めてまいります。

渋谷区長 長谷部 健

再点検の結果

  平成29年6月1日現在 平成30年6月1日現在
当初報告 障害者数(注) 51人
(実人数  38人)
雇用率 2.55%
障害者数  53.5人
(実人数  40人)
雇用率 2.64%
再点検後 障害者数  49.5人
(実人数  36人)
雇用率 2.48%
障害者数  52人
(実人数  38人)
雇用率 2.56%

(注)重度障害者は2人、短時間労働者は0.5人として換算する。

誤算定の要因

過年度に障害者数に算入した職員については、要件を満たしていると認識して全件確認を実施していなかったため。

今後の対応

国のガイドラインに沿って、障害者手帳等の確認手続を適正に行う。
あわせて、障害者の雇用について、採用拡大を図る。

<参考>法定雇用率(地方公共団体)

平成29年度 2.3%     
平成30年度 2.5%