日本サニパック株式会社との協定に基づく「渋谷区お花畑プロジェクト」ごみ袋の贈呈式を行いました

  • 更新日:
    令和3年3月3日

区政情報/広報・区のメディア/しぶやフォト日記/日本サニパック株式会社との協定に基づく「渋谷区お花畑プロジェクト」ごみ袋の贈呈式を行いました

渋谷区と日本サニパック株式会社は、ごみ袋から排出される CO₂の低減とごみ集積所の景観向上を図るため「渋谷区お花畑プロジェクト」を実施します。
このプロジェクトで、渋谷区と日本サニパック株式会社は協力して、渋谷区推奨ごみ袋「nocoo(ノクー)渋谷」を作成しました。nocooという名前には、NO+ CO₂という意味が込められています。袋の表面にはピンクや水色の花柄がデザインされています。「nocoo渋谷」は見た目の華やかさだけでなく、燃焼時に発生するCO₂を抑える素材を用いた環境に配慮したごみ袋です。「nocoo渋谷」は令和3年3月15日より区内の小売店で販売されます。
発売に先立ち、日本サニパック株式会社より渋谷区へ「nocoo渋谷」を10万枚寄贈していただきました。
贈呈式では、日本サニパック株式会社代表取締役社長井上様より、今回の取り組みや「nocoo渋谷」のCO₂削減効果についてご説明いただきました。また、長谷部区長は「(ごみ集積所をきれいなお花畑にしたいという)自分のふとした言葉から、ここまで取り組みを進めてくださり感謝しています」とお礼の言葉を述べました。