オリンピック・パラリンピック競技リアル観戦事業【陸上競技・パラ陸上競技】を開催しました

  • 更新日:
    令和元年9月28日

区政情報/広報・区のメディア/しぶやフォト日記/オリンピック・パラリンピック競技リアル観戦事業【陸上競技・パラ陸上競技】を開催しました

開催まで1年をきった東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、陸上競技・パラ陸上競技のリアル観戦事業を代々木公園陸上競技場(織田フィールド)で開催しました。この事業は、区内開催競技への区民の興味・関心を高め、気運醸成を図ることを目的としています。
この日は、ゲストとしてDee Dee Trotterさん(アテネオリンピック女子 4×400メートルリレーアメリカ代表 金メダリスト)、矢澤航選手(リオデジャネイロオリンピック 男子110メートルハードル日本代表)、手塚圭太選手(2019年ジャパンパラ陸上競技選手権大会200メートル優勝)、西勇輝選手(2019年ジャパンパラ陸上競技選手権大会100メートル2位)に、観客の目の前で迫力のある走りを見せていただきました。ハードルの高さと、ハードルのギリギリを走る技術に驚きを隠せない子供たちや、義足選手・レーサー選手のスピードのある走りを見て、観客からは大きな歓声が上がりました。
また、陸上教室やパラ陸上競技体験会を実施し、参加者は陸上の技術だけでなく、パラ陸上競技の楽しさや難しさを学びました。
最後に、矢澤航選手から2020年に向けて、「オリンピック代表に選出されて、大会に出場できるように頑張りたい!」と熱いメッセージをいただきました。
次回は12月14日パラ卓球のリアル観戦事業を渋谷区スポーツセンターで開催します。