区独自ボランティア制度「東京2020大会に向けたボランティア講演」を開催しました

  • 更新日:
    令和元年9月5日

区政情報/広報・区のメディア/しぶやフォト日記/区独自ボランティア制度「東京2020大会に向けたボランティア講演」を開催しました

区独自ボランティアに登録するための講座を区役所本庁舎14階の大集会室で開催しました。渋谷区では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会へ向けて、昨年度より「渋谷区独自ボランティア制度」を開始しています。
この日は特別講師として、東京2020大会のボランティア育成を支援する日本財団ボランティアサポートセンターの理事長を務める渡邉一利氏を迎えて、スポーツボランティア文化が創る未来や東京2020大会に期待するボランティアレガシーについてお話をいただきました。
渡邉氏は、ボランティアは東京2020大会を創る主役、そして最前線で活動する「渋谷」「東京」「日本」の観光大使、さらにはレガシーとしてボランティアの楽しさを広める伝道師であると渋谷区独自ボランティアに期待を寄せていました。
2020年は、大会の観戦や観光に多くの来街者が予想され、渋谷区では独自のおもてなし活動を予定しています。渋谷区みんなで、SHIBUYAをおもてなしの街にしていきましょう。