要保護児童の早期発見と児童虐待の未然防止に関する協定を締結しました

  • 更新日:
    令和元年7月19日

区政情報/広報・区のメディア/しぶやフォト日記/要保護児童の早期発見と児童虐待の未然防止に関する協定を締結しました

渋谷区は渋谷警察署、原宿警察署、代々木警察署の区内3警察署と「要保護児童の早期発見と児童虐待の未然防止に関する協定」を締結しました。渋谷区は、これまでも子どもが関わる事案について区内3警察署と連携してきましたが、近年、社会からも関係機関とのさらなる連携強化が求められています。また、区の子育て支援体制「渋谷区子育てネウボラ」の目的の一つである「児童虐待を起こさせない育児環境の整備」のためにも、虐待が疑われた場合に初期段階から情報共有を図り、連携し、対応することで、虐待の早期発見と未然防止を着実に行うことが必要です。長谷部区長は「この協定を機にさらに意識を高め、そして連携を深め、警察署と一緒になって子どもの安全と未来を守っていきたい」と話し、佐川原宿警察署長は「区民の皆さんも児童虐待の理解を深め、少しでも児童虐待が疑われる事案がありましたら、警察署または渋谷区に情報提供していただければ」と話していました。