「認知症なっても展」で丹野智文さんが講演されました

  • 更新日:
    令和元年6月19日

区政情報/広報・区のメディア/しぶやフォト日記/「認知症なっても展」で丹野智文さんが講演されました

6月19日の「認知症なっても展(注)」では、39歳で若年性アルツハイマー病になった丹野智文さんがステージで講演されました。「認知症とともに笑顔で生きる」をテーマに、認知症と診断される前から今までの体験談などを語られました。丹野さんからは「認知症になっても人生はつくれる。しかし、認知症になっても安心して暮らせる環境が周りに無いと難しい。認知症に関する正しい情報や適切なサポートについて自治体を中心にもっと広めてほしい。認知症と老化の問題は紙一重で、認知症の人が安心して暮らせる社会をつくっていくことは、高齢者が安心できる社会につながる。」などメッセージが送られました。

最終日の明日は、「誰でも夜カフェ」が16時から開催される予定です。
 
常設展には認知症について学べるコーナーや渋谷区・企業・大学の活動を紹介するパネルコーナー、関連書籍を集めたライブラリー、写真展、認知症カフェ、誰でも演奏可能なピアノ、自立型エンタテインメントロボットaiboとのふれあいブースなどがあります。
 
(注)「認知症なっても展」
認知症の展示・体験会。「認知症予防の日」である6月14日から6月28日までの平日に開催。認知症への理解を深める常設展に加え、特設ステージでは認知症当事者の語りや徳光和夫さんをお招きした音楽イベントなど、楽しくてまじめなステージイベントも実施されます。

認知症なっても展 公式HP