学校法人山野学苑と「災害時における帰宅困難者支援に関する協定書」を締結しました

  • 更新日:
    令和元年5月28日

区政情報/広報・区のメディア/しぶやフォト日記/学校法人山野学苑と「災害時における帰宅困難者支援に関する協定書」を締結しました

この協定は、災害発生による帰宅困難者を学校法人山野学苑が支援するものです。山野学苑は、帰宅困難者に対して、300人の受け入れ、防災備蓄品の整備、トイレの開放や水・食料の供給及び寝具の提供などを行うことになります。長谷部区長は「帰宅困難者対策は、渋谷区にとって大きな課題です。昼間人口の多い街なので、日中に災害が起こり街に人があふれてしまうということは区民にとっても大きな問題であり、代々木地域は新宿圏で帰れなくなった方など、区外の方が通ることが想定される地域なので、山野学苑が帰宅困難者を受け入れてくれることは非常に心強い。地震が起きないに越したことはないが、何かあった時に協力態勢を取っていただけるということに感謝申し上げたい」と話していました。渋谷区と学校法人山野学苑は今回の協定をきっかけに、多岐にわたり連携していくことを確認しました。