パラ卓球協会が2020に向けての活動方針を 発表します

  • 更新日:
    令和元年11月13日

東京2020大会開幕まで1年を切り、パラ卓球協会が2020年に向けての活動方針を発表いたします。当日は、MCに平井理央さんを迎え、パラ卓球協会会長、渋谷区長、パラ卓球監督や岩渕選手、茶田選手も 登壇予定となっております。また、登壇者の方々による2020年に向けた意気込みや、話題のパラ卓球台の紹 介、ラリー体験なども予定されております。
パラ卓球は来年の本大会において渋谷区内にある東京体育館が競技会場となっており、渋谷区とパラ卓球協会は相互協力の協定を本年6月に締結しております。12月には渋谷区での「リアル観戦事業(パラ卓球)」の 開催も決まっており、本大会への機運を盛り上げるべく、協力して取り組んでおります。
つきましては、渋谷区関連情報として本件をご案内させていただきます。
区関連情報提供(PDF 288KB)もご参照ください。

主催

一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会

日時

令和元年11月15日(金曜日)11時~12時15分(受付開始10時30分)

会場

T4 TOKYO (渋谷区神南1-12-16 ASIA BUILDING 1F)

登壇者(敬称略)

  • 畠山 講史郎(一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会)
  • 長谷部 健(渋谷区長)
  • 兒玉 義則(株式会社ビクタス代表取締役社長)
  • 時吉 佑一(立位監督)
  • 新井 卓将(車いす監督)
  • 岩渕 幸洋(選手:クラス9)
  • 茶田 ゆきみ(選手:クラス3)
  • 立石イオタ良二(一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会・広報)

問い合わせ・取材申込

一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会
電話:080-2735-7859