渋谷区はLINE Payによる手数料支払いに対応します

  • 更新日:
    平成31年2月22日

自治体窓口でLINE Payによる住民票等の発行手数料の支払いが可能になるのは全国初

渋谷区(区長:長谷部 健)と LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤  剛)はシブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定に基づき、これまで利用者の利便性に資するキャッシュレス化に向けた検討を進めてきましたが、 このたび、窓口での手数料支払い時の利便性向上を目的とし、 LINE Pay株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:高 永受)が、コミュニケーションアプリ「LINE」上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の「コード支払い」による住民票の写し等の発行手数料の支払いを開始いたします。この「コード支払い」によって自治体窓口で住民票の写し等の発行手数料の支払いが可能となるのは全国初になります 。
「コード支払い」とは、利用者のスマートフォン上のコード画面を窓口の決済端末で読み取ることによって「LINE Pay」の残高から支払いができるサービスです。
これにより、区役所窓口で住民票の写し等の手数料を支払う際に、利用者のスマートフォンだけで簡単にキャッシュレス決済ができるようになります。
「LINE Pay」による決済サービスを導入することによって、新たなキャッシュレス決済が可能となり、利用者の利便性の向上が期待できます。
渋谷区は今後もキャッシュレス決済の導入を推進していきます。

 LINE Pay QRコード支払いの概要

利用開始時期

2019年春(予定)

対象手数料

住民票の写しの交付、印鑑登録証明書の交付、区税に関する証明等

利用方法

  1. スマートフォンの「LINE」アプリから「ウォレット」内の「コード支払い」を選択
  2. パスワードを入力する
  3. 表示されたQRコードを受付に提示する
  4. 受付でQRコードを読み取る
  5. 支払い完了(完了後、お手元の「LINE」アプリにメッセージが届きます)

シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー( S-SAP )協定

区内に拠点を置く企業や大学等と区が協働して地域の社会的課題を解決していくために締結する新しい公民連携制度です。この協定に基づき、各企業や大学の持つ技術や特色を生かして、新たな区民サービスを提供していきます。

問い合わせ

経営企画部 経営企画課 経営企画係(電話:03-3463-1191、 FAX 03-5458-4973)