[ページの先頭]

[ここから本文]

食品についての相談

【問い合わせ】生活衛生課食品衛生係(電話:03-3463-2253)

おかしな食品を見つけたときは

「変色している」「味がおかしい」「異物が入っている」「食品の表示について知りたい」など、食品に関する疑問や相談を、食品衛生係で受け付けています。

バザーや模擬店などを行うときは

バザーや学園祭などで飲食物を取り扱う場合は、届け出の義務や取り扱える食品の制限があります。食品衛生係まで問い合わせてください。

出前講習会

食中毒予防、健康食品、遺伝子組み換え食品など、食品に関する出前講習会を実施しています。友達やグループなどで気軽に食品衛生係へ申し込んでください。

食中毒にご用心ください

食中毒は、夏季だけではなく、年間を通して発生します。食中毒を予防するには、食中毒菌を「つけない」「ふやさない」「やっつける」ことが大切です。手洗いや調理器具の洗浄・殺菌などを心がけましょう。

カンピロバクター

年間を通して発生する食中毒です。

  • 特徴
    • 鶏の消化管に常在(鶏肉の4〜6割から検出)
    • 牛や豚の腸管にも存在
    • 少量の菌数で食中毒を発生
  • 原因食品
    • 鶏肉の生食、加熱不十分な鶏肉
    • 調理済み食品の二次感染
  • 症状
    • 感染から発症まで1〜7日(平均2〜3日)の潜伏期間
    • 主な症状は下痢、腹痛、発熱
  • 予防のポイント
    • 鶏肉を十分に加熱する
    • 鶏肉を取り扱ったあとに手をよく洗う
    • 調理用具をこまめに洗浄し家庭用漂白剤などで殺菌する

ノロウイルス

以前は小型球形ウイルス(SRSV)と呼ばれていた食中毒です。

  • 特徴
    • 感染力の強いウイルスによる食中毒
    • 冬季を中心に年間を通して発生
    • 人から人への感染もあり
  • 原因食品
    • カキなどの二枚貝の生食
    • 調理済み食品の二次感染
  • 症状
    • 感染から発症まで1〜2日
    • 主な症状は下痢、嘔吐
    • 風邪と似た症状がみられる場合があるため注意が必要
  • 予防のポイント
    • 調理前、食事前、トイレのあとに手をよく洗う
    • 加熱調理を十分に行う
    • 調理用具をこまめに洗浄し家庭用漂白剤などで殺菌する
    • 調理時に咳がでる場合はマスクを使用する