[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成28年12月12日

地元ワークショップを開催しました【平成28年7月28日】
〜第二弾"まちの担い手育成を考える"公共空間の活用方法を学習〜

【問い合わせ】渋谷駅周辺整備課都市再生事業推進係(電話:03-3463-2943、FAX:03-5458-4918)

イベント概要

  • 開催:平成28年7月28日(木曜日)14時〜16時
  • 会場:勤労福祉会館第一洋室
  • 内容
    • 『楽しいまちづくり』トーク
      神楽坂を中心に国内外のまちづくりの事例紹介
      BID(Business Improvement District)を活用したNYCの事例
    • 『アイディア』ワーク
      自己紹介→他己紹介
      まちの担い手を育成するためのアイディアワークショップ
      各チームごとにブレスト〜発表まで実施
  • 参加人数:60名

ワークショップの写真国内外のまちづくりの事例紹介では、参加者全員が他都市の事例を興味深く聞き、渋谷の今後のまちづくりを考えるきっかけとなりました。続くワークショップでは、年齢や立場の異なる人たちが、対話をしながら【まちの担い手を育成するためのアイディア】を出し合いました。区職員、地元商店会、など所属の違なる新たなつながりを生みながら、参加者同士の良い刺激になるとともに、終始良い雰囲気で進みました。


「楽しいまちづくり」トーク

  • 神楽坂を中心に、国内外のまちづくりの事例紹介
  • BID(Business Improvement District)を活用したNYCの事例

神楽坂では住民が主体的にまちづくりに参加し、神楽坂らしい街並み保全に向けた活動と併せて、伝統あるお祭りや来街者を惹きつけるイベントを開催。その他の地区でも道路や空き店舗を上手く活用したイベントの事例を紹介。また海外の先進的なまちづくりの事例としてニューヨーク市のBIDとそれを活用したBryant Parkの取組みを紹介。ワークショップ後のアンケートでも「BIDは初見だったので興味深かった」「良い所を渋谷に取り入れていきたい」「いかに渋谷らしさをアレンジしていけるか」などの声があり、渋谷のまちづくりを自分の事として考える良いきっかけになりました。

「アイディア」ワーク

  • 自己紹介→他己紹介
  • まちの担い手を育成するためのアイディアワークショップ
  • チームごとにブレスト〜発表まで実施

隣同士ペアになって1分半ずつ自己紹介し、車座になったグループ全員に向けてペアがお互いを紹介し合う他己紹介を行いました。所属も年齢も違うメンバーが、フラットな立場で話せるようニックネームで呼び合うことで、なごやかな雰囲気で進行しました。
(注)BIDとは、地域の不動産オーナーや事業者からお金を徴収して地域のまちづくり資金にあてる仕組み。

ワークショップの写真

ワークショップの写真

次世代の担い手を育成するアイディアをポストイットに書き出し、グループ内で共有しました。その後出たアイディアを分類し、取り組む順番をつけて「未来年表」を作成し、グループごとに発表しました。各テーブルのファシリテーターは主に大学生が務めました。初々しいファシリテートをみなさんでサポートし、終始和やかに進行しました。対話することの楽しさと新鮮さを感じられたようです。学生の柔軟な発想に、多くの参加者が感心していました。

ワークショップの写真

ワークショップの写真

各グループから出た意見としては…

  • 今すぐ始められることとして「渋谷の歴史を歩いて知ってもらう」→「課題発見」というプロセスが重要。
  • 次世代の担い手を育成していくためには、「1.仲間(渋谷民)集め」→「2.コミュニケーション」→「3.応援団集め」→「4.文化の創造・発信」の4つを一つのサイクルとして繰り返していくことが大切である。
  • 育成する、また外から呼び込むために「1.まちを知る活動」→「2.イベント作り」→「3.ファミリー支援活動」が重要。
  • まちの魅力発信と集客をすることで次世代の担い手を育成することができるのではないか。
  • 「1.イベント」→「2.キーマン探し」→「3.子ども教育」→「4.まちづくり活動」の4つのサイクルを繰り返すことで、渋谷にいる人が魅力を発信し、外から新たな人を呼び込める、結果として、まちの担い手を育成することができる。

各グループそれぞれ個性的なまとめ方で、次世代の担い手を育成する手法について、議論されていました。

ワークショップの写真

ワークショップの写真

黒板チョークアートYUMI YAMADAさんの写真
黒板チョークアートを描いてくれたIllustrator/ArtistのYUMI YAMADAさん

集合写真
参加者全員で記念撮影♪

参加者からのアンケートでは…

  • 普段思いつかないような意見や考え方を聞いて刺激になった。
  • いろんな人たちと交流が持てる場を持ちたい。
  • ここに集まるメンバーで具体的に何か仕掛けたい。
  • 実際にまちで活動している方々のお話を聞けて良かった。等

年齢や立場が違う人とも話ができ、繋がりができてよかったという意見を多くいただきました。また、このようなワークショップからなにか具体化された企画につなげたいと積極的な意見も多くありました。
今回もたくさんの地元の方に参加していただき、ありがとうございました。今後もこのようなワークショップを開催し、地元の方との絆を深め、渋谷のまちづくりを皆さんと築いていきたいと思います。