新型コロナウイルス感染症について(感染予防など)

  • 更新日:
    令和2年5月31日

新型コロナウイルス感染症について

令和元年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市において新型コロナウイルス関連肺炎の発生が複数報告されており、国内でも発生が確認されています。詳細については下記関連ページをご参照ください。

(注)かかりつけ医の皆様へお願い(東京都医師会)(PDF 347KB)都民の皆様へお願い(東京都医師会)(PDF 347KB)をご参照ください。

かかりつけ医へのお願い都民へのお願い

(注)集団感染予防については、「新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために」(PDF 210KB)をご参照ください。
(注)予防については、「新型コロナウイルス感染症の予防!」(PDF 210KB)をご参照ください。
(注)マスクについては、「マスクについてのお願い」(PDF 243KB)をご参照ください。

新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために(厚労省)新型コロナウイルス感染症の予防  マスクについてのお願い

(参考)コロナウイルスについて

人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまるとされています。
(注)詳細は、「ヒトに感染するコロナウイルス」(国立感染症研究所ホームページ)をご覧ください。

流行が確認されている地域からの帰国者・入国者へのお願い

WHO公表内容により新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている次の地域から帰国・入国された人で、咳や発熱等の症状がある場合には、帰国者・接触者電話相談センターへご連絡ください。

アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アフガニスタン、アラブ首長国連邦、アルゼンチン、アルバニア、アルメニア、アンティグア・バーブーダ、アンドラ、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、ウルグアイ、英国、エクアドル、エジプト、エストニア、エルサルバドル、オーストラリア、オーストリア、オマーン、オランダ、カザフスタン、カタール、カナダ、ガボン、韓国、ガーナ、カーボベルデ、北マケドニア、ギニア、ギニアビサウ、キプロス、ギリシャ、キルギス、クウェート、クロアチア、コソボ、コロンビア、コンゴ民主共和国、コートジボワール、サウジアラビア、サントメ・プリンシペ、サンマリノ、ジブチ、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、赤道ギニア、セルビア、セントクリストファー・ネービス、タイ、台湾、タジキスタン、チェコ、中国 (香港及びマカオを含む。)、チリ、ドイツ、ドミニカ共和国、ドミニカ国、トルコ、デンマーク、ニュージーランド、ノルウェー、パキスタン、バチカン、パナマ、バハマ、バルバドス、ハンガリー、バングラデシュ、バーレーン、フィリピン、フィンランド、フランス、ブラジル、ブルガリア、ブルネイ、米国、ベトナム、ベラルーシ、ベルギー、ペルー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボリビア、ポルトガル、ホンジュラス、ポーランド、マルタ、マレーシア、南アフリカ、メキシコ、モナコ、モルディブ、モルドバ、モロッコ、モンテネグロ、モーリシャス、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、ルーマニア及びロシア