受動喫煙防止対策~飲食店における喫煙可能室設置の届け出について~

  • 更新日:
    令和2年4月13日

【問い合わせ】《渋谷区》受動喫煙防止対策相談窓口 (電話:03-3463-3076 時間:10:30~17:00)
《東京都》受動喫煙防止対策専用相談窓口(電話:0570-069690)
地域保健課健康推進係(電話:03-3463-2412)

改正健康増進法及び東京都受動喫煙防止条例に基づき、令和2年4月1日から全ての施設において原則屋内は禁煙となっております。
ただし、以下の設置条件を満たす飲食店では、客席の一部または全部に喫煙可能室を設置することができます。その場合には、下記届出書とチェックリストを渋谷区に提出する必要があります。また届出内容に変更がある場合は変更届出書を、喫煙可能室を廃止する場合は廃止届出書を提出してください。

喫煙可能室設置の条件(下記の全てに該当すること) 

  • 令和2年4月1日時点で既に営業している
  • 客席面積100平方メートル以下
  • 個人または中小企業(資本金5千万以下)が経営している
  • 従業員を雇用していない  
    • (注)「従業員」とは労働基準法第9条に規定する労働者(正社員、契約社員、アルバイト、パート等(同居の親族のみを使用する場合は除きます。)
    • (注)喫煙可能室には、お客様も働く人も、20歳未満の場合は立ち入ることができません。特にお店全部を喫煙可能室とする場合はご注意ください。
    • (注)令和2年4月以降は、法律で定められた技術的基準を満たしていなければいけません。

届出書

喫煙可能室を設置する(喫煙可能店にする)場合

国と都の両方の様式による届出が必要です。

届出内容に変更がある場合

廃止する場合

(注)届出書は区役所本庁舎7階地域保健課でも受け取れます。

提出方法

持参または郵送により提出してください。

持参・郵送先

渋谷区役所本庁舎7階 地域保健課健康推進係
(注)郵送する場合は、長3サイズ(120ミリ×235ミリ)の封筒に84円分切手(定型25gグラム以内)を貼ったものを同封してください。届出書に届出受理番号等を記入した写しを返送いたします。