[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年11月21日

宮益坂で『路上駐車削減社会実験』を実施します

【問い合わせ】道路課安全施設係(電話:03-3463-2819)

社会実験の概要

宮益坂の快適な歩行環境づくりを目指し、路上駐車削減に向けた社会実験を行います。

実施期間

平成29年11月21日(火曜日)〜27日(月曜日)

時間

9時〜17時

広報資料

大山街道整備事業

昨年度、渋谷区は20年後を見据えて「渋谷区基本構想」を改定しました。この基本構想に掲げる7つの分野のひとつが「空間とコミュニティのデザイン」であり、"空間の創出"によるコミュニティの多様化と成長を目指すものです。
また、多くの再開発が同時進行している渋谷駅周辺では、「渋谷駅中心地区まちづくり指針2010」(平成23年3月)において、「めぐり歩いて楽しい回遊空間」の創出を目指しており、"歩行空間の確保""道路空間の充実"が求められています。
そのような中、古くから渋谷の目抜き通りである「宮益坂」「道玄坂」を歩行者中心の道路として再整備するために、事業が動き始めました。