[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年6月1日

平成29年度児童手当現況届のご案内

【問い合わせ】子ども青少年課子育て給付係(電話:03-3463-2558、FAX 5458-4942)

児童手当を受給されている人は、毎年6月1日時点における状況について、現況届を提出いただくことになります。対象者の人には6月中に「児童手当・特例給付現況届」をお送りします。
「児童手当・特例給付現況届」がお手元に届きましたら、現況届に必要事項を記入のうえ、ご提出ください。現況届の提出がない場合、6月分以降の児童手当が受給できなくなります。
また、平成29年6月30日までに提出がない場合、平成29年10月に予定している手当の支払いが遅れることがありますのでご注意ください。

提出について

  1. ご提出いただく書類
    「平成29年度児童手当・特例給付現況届」
    下記「その他に必要な書類」に記載の中から該当する書類
  2. ご記入いただく事項
    平成29年6月1日時点の状況をご記入いただき、押印をお願いします。
    (注)現況届には、申請時または昨年の状況が記載されている場合があります。
  3. 現況届等の提出方法
    現況届等書類は、郵送いただくか、子ども青少年課子育て給付係窓口へご提出ください。

その他に必要な書類

  1. 「厚生年金等加入証明」
    受給者が加入している年金についての証明書類の提出が必要となります。(加入している健康保険によっては健康保険証のコピーで代用できます)詳しくは現況届に同封の「厚生年金等加入証明」の裏面をご覧いただき、加入されている年金の種類を確認のうえ、該当の証明書類をご提出ください。
  2. 「所得証明書(住民税課税証明書)」
    • 今回提出いただくのは「平成29年度(平成28年中)住民税課税証明書」です。
    • 平成29年1月1日時点で、渋谷区以外の区市町村にお住まいだった人は、住民登録があった区市町村から課税・非課税、総所得、扶養数、所得控除の内容が記載されている、平成29年度(平成28年中)の証明書の交付を受けてください。
    • 平成29年1月1日時点で、渋谷区に住民登録があった人は、証明書の提出は不要です。ただしその場合でも、他の区市町村で住民税の申告をされている人は、当該区市町村で証明書の交付を受け、提出してください。
    • 証明書は、受給者、配偶者ともに必要となります。ただし、受給者が配偶者控除を受けられている場合、配偶者の証明書は不要です。
    • 平成28年中の所得が無かった人は、「平成29年度(平成28年度)非課税証明書」の交付を受けてください。
    • 勤務先から交付される源泉徴収票や住民税の通知書、給料証明書等では代用できません。
    • 平成29年1月1日時点で海外に居住されていた人は、別途書類が必要となりますので、お問い合わせください。
  3. 「監護事実の同意書」及び「児童の属する世帯の世帯全員の住民票(続柄あり)」
    平成29年6月1日時点で、受給者が支給要件児童と別居されている場合は、提出が必要となります。

その他、児童手当の受給理由に応じて、現況届とともに提出いただく書類が異なります。ご確認のうえ、「児童手当・特例給付現況届」と提出ください。提出は郵送でも可能です。
窓口へ申請来られる場合、混雑状況によりお待ちいただくことがあります。