建築物の解体工事

  • 更新日:
    令和元年7月1日

【問い合わせ】環境政策課公害指導係(電話:03-3463-2750)

区では、建築物の解体工事について、近隣住民などへの事前周知並びに吹き付けアスベストなどの適正処理などを義務付けることにより、健全な生活環境の維持・向上を図るため、「渋谷区建築物の解体工事計画の事前周知に関する条例」を制定し、平成18年1月1日から施行しています。

条例について

PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。 詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。

対象工事

解体床面積の合計が80平方メートル以上の建築物の解体工事
(解体する建築物に「吹き付けアスベスト」及び「アスベスト保温材」が使用されている場合は、解体床面積にかかわらず対象となります。)

届出者

解体工事の発注者又は請負によらないで自ら解体工事を行う者

  • 法人にあっては、名称及び代表者の氏名を記載、代表者は取締役以上の肩書があるものとし、届出書には必ず役職名入りの代表者印(社判は不可)を押印してください。(注)執行役員であっても取締役でない場合がありますので、ご注意ください。                                      
また、解体工事の請負業者も、間接的に義務を負います。

届出日と手続きの流れ

条例によって定められた下記の様式で届出書や標識を作成してください。

No 届出様式等 添付資料等 届出日等
1 解体工事計画届出書(第1号様式)(WORD 16KB)の提出
・記入例:【施主が個人の場合】(PDF 110KB)
・記入例:【施主が法人の場合】(PDF 125KB)
・工程表(ありの場合)
・アスベスト分析結果(分析をした場合)
標識設置の前まで
2 標識設置(第2号様式)(WORD 17KB)
・記入例:第2号様式(PDF 72KB)
A3判以上に拡大して掲示してください。 解体工事開始の30日前まで
3 解体工事標識設置届(第3号様式)(WORD 19KB)の提出
・記入例:【施主が個人の場合】(PDF 128KB)
・記入例:【施主が法人の場合】(PDF 152KB)
・案内図
・標識の遠景と近景(記載内容が判読できるもの)の写真
標識設置後5日以内
4 近隣説明 解体工事及び吹き付けアスベスト等の除去工事について、
「個別説明」又は「説明会」のいずれかの方法で説明してください。
解体工事開始の15日前まで
5 解体工事説明会等報告書(第5号様式)(WORD 17KB)の提出
・記入例:【施主が個人の場合】(PDF 189KB)
・記入例:【施主が法人の場合】(PDF 203KB)
【個別説明の場合】
案内図、説明名簿、説明に使用した資料

【説明会開催の場合】
説明会出席者名簿、説明会の議事録、説明会の配布資料、説明会の案内、説明会欠席者への工事概要ポスティングの範囲を落とし込んだ地図、
欠席者個別説明名簿、欠席者への配布資料(説明会の配布資料と同様であれば添付不要)
解体工事開始の10日前まで
【発注者以外が届出をする場合】
・記入例:【発注者からの委任状】(PDF 92KB)
・記入例:【取締役からの委任状】(PDF 94KB)
発注者以外が届出をする場合、又は法人で取締役でないものが届出をする場合は委任状が必要になります。
(注)様式の規定はありません。記入例を参考に作成してください。
【標識の記載事項を変更する場合】
解体工事標識変更届(第4号様式)(WORD 18KB)
・記入例:【施主が個人の場合】(PDF 78KB)
・記入例:【施主が法人の場合】(PDF 100KB)
・変更後の標識の遠景・近景(記載内容が判読できるもの)の写真
・近隣説明後に標識変更した場合は説明で使用した資料
 (近隣説明後に標識変更があった場合は再度近隣住民への説明をお願いします)
・標識の記載事項の訂正後5日以内に届け出をしてください。
【解体工事計画届出書を取下げる場合】
解体工事計画届出書取下げ願い(WORD 16KB)
・記入例:取下げ願い(PDF 82KB)
届出書を取下げる場合は取下げ願いを提出してください。
その際解体工事計画届・標識設置届・説明会等報告書の控えを回収しますので、ご持参ください。
 

標識の設置について

標識の様式

別記第2号様式になります。A3判以上に拡大して掲示してください。

設置期間

建築物の解体工事開始開始の日から起算して30日前から解体工事の完了する日まで

設置場所

建築物の解体工事の敷地の道路に接する部分(当該敷地が2以上の道路に接するときは、それぞれの道路に接する部分)

(注)標識は解体工事が終了するまで掲示してください。

近隣への説明

説明時期

工事開始15日前までに近隣住民へ説明してください。

説明範囲

解体する建築物の敷地境界線から当該建築物の高さに等しい水平距離の範囲内の居住者、事業者、公共施設の管理者

(注)解体する建築物の延床面積が3,000平方メートルを超えかつ高さが20メートルを超える場合は、「説明会」を開催しなければなりません。

説明内容

・建築物の規模及び構造並びに敷地内建築物の位置及び隣接建築物との位置関係の概要

・工期、解体方法、作業時間、作業内容等

・危害防止対策及び騒音、振動、粉じん等に対する公害防止対策

・作業範囲、資材及び廃材等の搬出経路並びに工事関係車輛の通行経路

・吹き付けアスベスト等の適正な処理対策