請願・陳情

請願・陳情のメール、FAXによる受付はしていません。

請願

請願は、区民のみなさんが、区政に望むことを直接区議会に訴える制度です。
この制度は、住民が政治に参加する方法の1つとして、憲法第16条により権利として認められた制度で、みなさんのご意見やご要望を政治に反映させる役割を持っています。

書式

日本語で次の項目を記入します。

  1. 請願の趣旨
  2. 提出年月日
  3. 請願者の住所、氏名(署名又は記名押印)

紹介議員の署名又は記名・押印が必要です。
2人以上で請願する場合(署名簿を添える場合)
請願者(代表者)1人が住所、氏名を記入し、ほか○人とします。

受付

定例会初日までに受理された請願は、その定例会中に審査されます。
2日目以降に受理された請願は、所管の委員会により取り扱いが異なりますのでお問い合わせください。
閉会中に受理された請願は、次回の定例会で審査されます。

審査

区議会に提出された請願は、定例会(2月、6月、9月、11月の年4回)において全議員に配付され、議長が所管の常任委員会に付託します。議会の議決で特別委員会に付託することもあります。
付託された委員会は、「採択すべきもの」又は「不採択とすべきもの」という審査結果を議長に報告し、その後本会議で「採択」、「不採択」を決定します。本会議で採択された請願は、区長その他の関係執行機関に送付することを適当と認めるときは送付し、実現を要望します。
請願の結果は請願者(代表者)に文書でお知らせします。

陳情

請願と同じ趣旨のもので、紹介議員のないものを陳情書として受理します。所管の委員会が事前に内容を審査して、請願と同様に扱うかどうかを決定します。請願と同様の扱いにすると決定した場合は、請願と同じ処理になります。

※請願・陳情を提出する方(複数で提出の場合は代表者のみ)の住所・氏名は、公開となります。

なお、ホームページで公開される住所は、市区町村までの表記となります。

書式例 (請願)

陳情書もこれに準じますが、紹介議員は不要です。

請願書式例

(注意事項)

  • 請願名は簡明に書いてください。
  • 紹介議員の署名、または記名捺印が必要です。
    ※紹介議員は1人以上
  • 請願の趣旨を記載してください。
  • 日付は実際に提出する日付を記載してください。
  • 請願者が複数の場合、署名簿を添付してください。
  • 署名の場合、押印は必要ありません。
  • ワープロやゴム印による記名の場合、押印が必要です。
  • 請願・陳情のメール、FAXによる受付はしていません。