区議会のあゆみ

昭和7年10月 渋谷・千駄ヶ谷・代々幡の3町が合併、東京市渋谷区誕生
人口22万3573人(昭和7年10月1日現在、東京市推定人口)
昭和7年11月 第1回渋谷区会議員選挙(定数44人)
昭和11年11月 第2回区会議員選挙
昭和15年11月 第3回区会議員選挙
昭和18年7月 東京都制施行、東京都渋谷区となる
昭和22年4月 地方自治法公布、都の区は「特別区」となる
第1回区長選挙、第1回区議会議員選挙(定数40人)
昭和26年4月 第2回区議会議員選挙
昭和27年8月 地方自治法改正
特別区の区長は特別区の議会が都知事の同意を得て選任するようになる
昭和30年4月 第3回区議会議員選挙
昭和33年11月 自治権確立期成連盟結成
昭和34年4月 第4回区議会議員選挙(定数44人)
昭和38年4月 第5回区議会議員選挙
昭和39年12月 「区議会だより」創刊
昭和40年2月 総合庁舎落成
昭和42年4月 第6回区議会議員選挙
昭和46年4月 第7回区議会議員選挙
昭和50年4月 第8回区議会議員選挙
地方自治法改正による第1回区長選挙(公選復活)
昭和50年12月 区議会史発行(昭和7年~昭和50年)
昭和52年3月 教育大移転跡地獲得渋谷区民連盟結成
昭和54年4月 第9回区議会議員選挙
第2回区長選挙
昭和56年10月 教育大移転跡地獲得渋谷区民連盟解散
昭和58年4月 第10回区議会議員選挙
第3回区長選挙
昭和61年6月 渋谷区議会議員定数条例制定(定数42人)
昭和62年4月 第11回区議会議員選挙
第4回区長選挙
平成3年4月 第12回区議会議員選挙
第5回区長選挙
平成5年11月 渋谷区議会議員定数条例の一部改正(定数40人)
平成7年4月 第13回区議会議員選挙
第6回区長選挙
平成9年11月 渋谷区議会議員定数条例の一部改正(定数38人)
平成11年4月 第14回区議会議員選挙
第7回区長選挙
平成11年7月 地方自治法改正
特別区は「基礎的な地方公共団体」と規定される (平成12年4月施行)
平成12年4月 都区制度改革実施
清掃事業をはじめとして38事業が都から移管される
平成13年12月 地方自治法改正に伴う渋谷区議会議員定数条例を制定(定数34人)
平成15年4月 第15回区議会議員選挙
第8回区長選挙
平成17年3月 区議会史発行(昭和50年~平成12年)
平成19年4月 第16回区議会議員選挙
第9回区長選挙
平成23年4月 第17回区議会議員選挙
第10回区長選挙
平成27年4月 第18回区議会議員選挙
第11回区長選挙