トップ区議会の活動意見書・決議等> 声明

声明

平成29年9月15日 声明

北朝鮮のミサイル発射に抗議する声明

北朝鮮は、9月15日、またしても我が国上空を通過する形で弾道ミサイルを発射した。

本年8月29日の弾道ミサイル発射と、9月3日の核実験実施に続く、断じて許すことのできない暴挙である。

今回の北朝鮮によるミサイルの発射は、9月11日に国連安全保障理事会が北朝鮮制裁決議を全会一致で採択し、国際社会の強い意思を表示した中での強行であり、我が国はもとより、国際社会全体にとって、これまでにない深刻かつ重大な脅威である。

ここに「平和・国際都市」を標榜する渋谷区の議会として、北朝鮮に対してあらためて厳重に抗議するとともに、政府に対し、北朝鮮がこのような度重なる挑発行為を繰り返さないよう、関係諸国と連携し、さらなる断固たる対応をとること、国民の安全安心のために万全を尽くすことを強く要請する。

平成29年9月15日

渋谷区議会議長 丸山 高司

渋谷区議会副議長 古川 斗記男

渋谷区議会自由民主党議員団幹事長 斎藤 竜一

渋谷区議会公明党幹事長 沢島 英隆

日本共産党渋谷区議会議員団幹事長 五十嵐 千代子

シブヤを笑顔にする会幹事長 岡田 麻理

民進党渋谷区議団幹事長 鈴木 建邦

平成29年8月31日 声明

北朝鮮のミサイル発射に抗議する声明

北朝鮮は、8月29日、我が国上空を通過する形で弾道ミサイルを発射した。

北朝鮮は、昨年において2回の核実験、本年においては14回の弾道ミサイルを含む ミサイル発射を行っている。

我が国をはじめ、アメリカ・韓国などの各国や国連などの国際機関が声明等を通し、北朝鮮のミサイル発射計画を批判、自制を求めていた。

今回、北朝鮮が、再び弾道ミサイルの発射を強行したことは、国連安全保障理事会決議や日朝平壌宣言に違反するものであり、我が国はもとより、国際社会全体にとって、これまでにない深刻かつ重大な脅威であり、断じて許すことはできない。

ここに「平和・国際都市」を標榜する渋谷区の議会として、北朝鮮に対してあらためて厳重に抗議するとともに、政府に対し、北朝鮮がこのような危険な行為を繰り返さないよう、関係諸国と連携し、断固たる対応をとるよう強く求める。

平成29年8月31日

渋谷区議会議長 丸山 高司

渋谷区議会副議長 古川 斗記男

渋谷区議会自由民主党議員団幹事長 斎藤 竜一

渋谷区議会公明党幹事長 沢島 英隆

日本共産党渋谷区議会議員団幹事長 五十嵐 千代子

シブヤを笑顔にする会幹事長 岡田 麻理

民進党渋谷区議団幹事長 鈴木 建邦

無所属議員 須田 賢

無所属議員 笹本 由紀子

無所属議員 堀切 稔仁

平成28年9月9日 声明

北朝鮮の核実験に抗議する声明

北朝鮮は本日9月9日、本年1月に続き2度目の核実験を行った。

また、北朝鮮は過去平成18、21、25年にも核実験を行っている。

このことは、我が国のみならず北東アジア及び国際社会の平和と安全に対する重大な脅威であり、核兵器の開発を完全に放棄するよう求めてきた国際連合安全保障理事会の決議にも明確かつ露骨に違反する許し難い行為である。

渋谷区は昭和35年、地球上から戦争と飢餓・貧困をなくし、世界の恒久平和の実現を目指す世界連邦都市宣言を行い、また渋谷区議会は昭和57年に核兵器廃絶・軍縮のための宣言を決議し、これまで核実験や核兵器開発の即時中止を求めてきた。しかしながら北朝鮮は、本年中の度重なるミサイル発射に引続き、5度目の核実験を行った。これは、全世界の核兵器廃絶と平和を希求する願いを踏みにじるものであり、断じて容認することはできない。

よって、渋谷区議会は、北朝鮮の核実験に断固抗議するとともに、政府においては関係各国と協力し、安全保障理事会の決議の完全な履行と、核実験の中止、核兵器の廃絶及び弾道ミサイルの発射中止を改めて強く求めるものである。

平成28年9月9日

渋谷区議会議長 木村 正義

渋谷区議会副議長 沢島 英隆

渋谷区議会自由民主党議員団幹事長 下嶋 倫朗

渋谷区議会公明党幹事長 栗谷 順彦

日本共産党渋谷区議会議員団幹事長 五十嵐 千代子

シブヤを笑顔にする会幹事長 薬丸 義人

民進党渋谷区議団幹事長 吉田 佳代子

平成28年2月8日 声明

北朝鮮のミサイル発射に抗議する声明

北朝鮮は、2月7日、人工衛星に名を借りた長距離弾道ミサイルの発射を行った。

先月の水素爆弾と称する核実験に続く、決して許されない暴挙である。

北朝鮮は、過去にも弾道ミサイルを含むミサイルを平成10年8月・平成18年7月及び平成24年12月に発射し、平成18年には日本列島を横断する弾道ミサイルの発射を行った。

本区議会ではその都度、直ちに「北朝鮮のミサイル発射に抗議する決議等」を全会一致で議決し、厳重なる抗議の意思を表明してきた。

今回、北朝鮮は、IMO(国際海事機関)に事前通告はあったものの、我が国を含む関係各国による事前の警告を無視し、ミサイル発射を強行したことは国際社会への挑発行為であり、我が国の安全保障や北東アジアの平和と安定を脅かすばかりでなく、日朝平壌宣言や核問題に関する6カ国協議の共同声明とも相容れない国際社会へのあきらかな挑戦であり、断じて容認することはできない。

ここに「平和・国際都市」を標榜する渋谷区の議会として、北朝鮮によるたび重なるミサイル発射や核実験にあらためて厳重に抗議するとともに、北朝鮮がこの間の「弾道ミサイル技術を利用したすべての発射」を禁じた国連安全保障理事会決議やG8議長総括などで示された国際社会の力強い意思を尊重し、このような許されない蛮行を繰り返さないよう、政府に対し、国際社会と連携して、毅然と対応することを強く求めるものである。

平成28年2月8日

渋谷区議会議長 木村 正義

渋谷区議会副議長 沢島 英隆

渋谷区議会自由民主党議員団幹事長 下嶋 倫朗

渋谷区議会公明党幹事長 栗谷 順彦

日本共産党渋谷区議会議員団幹事長 五十嵐 千代子

シブヤを笑顔にする会幹事長 薬丸 義人

民主党渋谷区議団幹事長 吉田 佳代子

無所属議員 須田 賢

無所属議員 笹本 由紀子

無所属議員 堀切 稔仁

平成28年1月6日 声明

北朝鮮の核実験に抗議する声明

北朝鮮は、本日1月6日、同国初の水素爆弾実験を実施し、成功したとの発表を行った。また、同日、午前10時30分頃、我が国においても核実験時の地震波に類似した地震波を観測したところである。

北朝鮮による核実験は、我が国のみならず東アジア及び国際社会の平和と安全に対する重大な脅威であるとして、国際社会から非難されてきたにも関わらず、北朝鮮は平成18年、同21年、25年と核実験を強行し続け、今回で4回目の核実験を実施する挙に出た。

こうした行動は、世界各国が核の不拡散への努力を続けている中、平成18年10月の国連安全保障理事会の決議にも明確に違反する断じて許し難い行為である。

渋谷区は、地球上から戦争と飢餓・貧困をなくし、世界の恒久平和の実現を目指す世界連邦を宣言し、また渋谷区議会は、これまで核実験や核兵器開発の即時中止を求めてきている中、北朝鮮の度重なる核実験は、全世界の核兵器廃絶と平和を希求する願いを踏みにじるものであり、決して容認できるものではない。

ここに「平和・国際都市」を標榜する渋谷区の議会として、北朝鮮の核実験に断固抗議するとともに、政府においては関係各国と協力し、安保理決議の完全な履行と、核実験の中止、核兵器の廃絶を強く求めるものである。

平成28年1月6日

渋谷区議会議長 木村 正義

渋谷区議会副議長 沢島 英隆

渋谷区議会自由民主党議員団幹事長 下嶋 倫朗

渋谷区議会公明党幹事長 栗谷 順彦

日本共産党渋谷区議会議員団幹事長 五十嵐 千代子

シブヤを笑顔にする会幹事長 薬丸 義人

民主党渋谷区議団幹事長 吉田 佳代子

無所属議員 須田 賢

無所属議員 笹本 由紀子

無所属議員 堀切 稔仁

平成25年2月13日 声明

北朝鮮の核実験に抗議する声明

北朝鮮は、昨日2月12日、「地下核実験を成功裏に行った」と発表した。また、当日、午前11時57分、我が国においても通常の波形とは異なる人工的な地震に特有の地震波を探知したところである。

北朝鮮における平成18年、21年に続く3回目の地下核実験は、我が国のみならず北東アジア及び国際社会の平和と安全に対する重大な脅威である。これは核兵器の開発を完全に放棄するよう求めてきた国際連合安全保障理事会の決議にも明確に違反する許し難い行為である。

渋谷区は、地球上から戦争と飢餓・貧困をなくし、世界の恒久平和の実現を目指す世界連邦宣言を行い、また渋谷区議会は昭和57年に核兵器廃絶・軍縮のための宣言を決議し、これまで核実験や核兵器開発の即時中止を求めてきた。しかしながら北朝鮮は昨年12月のミサイル発射に引続き3度目の核実験を行った。これは、全世界の核兵器廃絶と平和を希求する願いを踏みにじるものであり、断じて容認することはできない。

よって、渋谷区議会は、北朝鮮の核実験に断固抗議するとともに、政府においては関係各国と協力し、安全保障理事会の決議の完全な履行と、核実験の中止、核兵器の廃絶を改めて強く求めるものである。

平成25年2月13日

渋谷区議会議長 前田 和茂

渋谷区議会副議長 栗谷 順彦

渋谷区議会自由民主党議員団幹事長 丸山 高司

渋谷区議会公明党幹事長 植野 修

日本共産党渋谷区議会議員団幹事長 菅野 茂

民主党渋谷区議団幹事長 浜田 浩樹

無所属クラブ幹事長 薬丸 義人

平成24年12月13日 声明

北朝鮮のミサイル発射に抗議する声明

北朝鮮は、昨日12月12日、「人工衛星」と称する事実上の弾道ミサイルを発射した。

北朝鮮は、本年4月にも沖縄県先島諸島上空を飛行予定ルートとする、弾道ミサイルの発射を行っている。

我が国をはじめ、アメリカ・韓国などの各国や国連などの国際機関が声明等を通し、北朝鮮のミサイル発射計画を批判、自制を求めていた。

今回、北朝鮮が、我が国を含む関係各国による事前の警告を無視し、ミサイル発射を強行したことは、我が国の安全保障や北東アジアの平和と安定を脅かすばかりでなく、国連安全保障理事会決議や核問題に関する6カ国協議の共同声明とも相容れない国際社会へのあきらかな挑戦であり、断じて容認することはできない。

ここに「平和・国際都市」を標榜する渋谷区の議会として、北朝鮮による、たび重なるミサイル発射に、あらためて厳重に抗議するとともに、政府に対し、北朝鮮がこのような危険な行為を繰り返さないよう、更なる外交的努力を行うことを強く求めるものである。

平成24年12月13日

渋谷区議会議長 前田 和茂

渋谷区議会副議長 栗谷 順彦

渋谷区議会自由民主党議員団幹事長 丸山 高司

渋谷区議会公明党幹事長 植野 修

日本共産党渋谷区議会議員団幹事長 菅野 茂

民主党渋谷区議団幹事長 浜田 浩樹

無所属クラブ幹事長 薬丸 義人



渋谷区議会

〒150-8010 東京都渋谷区渋谷1-18-21 区役所仮庁舎第二庁舎2階

ファックス:03-5458-4939  メールアドレス:kugikai@city.shibuya.tokyo.jp

Copyright (c) Shibuya City Assembly. All rights reserved.