[ページの先頭]

[ここから本文]

住宅設備改修給付

【問い合わせ】高齢者福祉課サービス事業係(電話:03-3463-1873)

身体機能の低下のため必要な場合に、住宅改修を行います。

対象

介護保険で要介護・要支援と認定された65歳以上の人で、日常の動作に困難があり、住宅の改修が必要と認められる人(階段昇降機は要介護3〜5と認定された人)

内容

  • 浴槽の取り替え(既存の浴槽での入浴が困難な人)
  • 流し、洗面台の取り替え(車イスを使用している人)
  • 階段昇降機の取り付け(車イスなどを利用し、日常的に階段を昇降する必要がある人)
  • これらの改修に付帯して必要となる改修

給付限度額

  • 浴槽の取り替え  379,000円
  • 流し・洗面台の取り替え  156,000円
  • 階段昇降機の取り付け  300,000円

費用

工事費用の1割程度(給付限度額を超えた部分の全額が自己負担)
すでに工事をしている場合や、他の補助金等を受給している場合は対象となりません。事前に相談してください。

申請先

地域包括支援センター