[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年8月17日

ホームヘルプサービス(渋谷区独自サービス)

【問い合わせ】高齢者福祉課サービス事業係(電話:03-3463-1873)

高齢者が安心して豊かな生活が送れるように、渋谷区独自のホームヘルプサービスを行なっています。
(注)すべてのサービスで介護保険または介護予防・日常生活支援総合事業(以下、「総合事業」という)のサービスが優先します。
(注)サービス提供事業所は区と契約している事業所となります。
(注)総合事業の基本チェックリストでサービスが必要と判定された方を「事業対象者」といいます。

内容・対象

介護予防訪問介護時間延長等サービス

時間延長

【対象】
要支援1・2または事業対象者で、総合事業の国基準訪問サービスの利用時間を延長して身体介護並びに身体介護を含む生活援助を行うことにより、介護予防の効果が見込まれる人

【内容】
国基準訪問サービスの時間延長

回数追加

【対象】
要支援1・2または事業対象者で、総合事業の国基準訪問サービスの身体介護並びに身体介護を含む生活援助を限度まで利用していて回数を追加することにより介護予防の効果が見込まれる人

【内容】
国基準訪問サービスの回数追加

訪問介護生活援助サービス

【対象】
要支援1以上で、同居家族がいることを理由に介護保険または総合事業の生活援助サービスの全部または一部を利用できない人で、同居家族による介護が困難な人

【内容】
介護保険または総合事業の生活援助サービスと同等のサービス

訪問介護高齢者世帯援助サービス

【対象】
要支援1以上で、65歳以上の自立した同居高齢者がいることを理由に介護保険または総合事業の生活援助サービスの全部または一部を利用できない人で、同居高齢者の介護負担軽減が必要な世帯(日中高齢者のみ世帯など事情のある場合を含む)

【内容】
介護保険または総合事業の生活援助サービスと同等のサービス(同居高齢者にも併せて行う)

訪問介護外出介助サービス

外出介助

【対象】
要支援1以上で、ひとり暮らしまたは65歳以上の高齢者と同居している人(日中独居等事情のある場合を含む)

【内容】
通院や近隣施設などへの外出介助(外出内容・場所により介助範囲あり)

費用・利用回数

ホームヘルプサービスの費用・利用回数
区分 利用者負担額 利用回数
時間延長等サービス 時間延長 30分まで  180円
1時間まで  360円
要支援1・事業対象者  週2回まで
要支援2  週3回まで
回数追加 30分まで  180円
1時間まで  360円
1時間30分まで  540円
2時間まで  720円
2時間30分まで  900円
週1回まで
生活援助サービス 30分まで  180円
1時間まで  360円
1時間30分まで  540円
2時間まで  720円
2時間30分まで  900円
3サービス合計で
要介護・要支援2  週4回まで
要支援1  週3回まで
生活援助サービス・高齢者世帯援助サービスを単独で利用の場合は
要介護  週4回まで
要支援2  週3回まで
要支援1  週2回まで
高齢者世帯援助サービス
外出介助サービス
(要支援の人の外出介助、要支援・要介護の人の院内付添)
30分まで  180円
1時間まで  360円
1時間30分まで  540円
2時間まで  720円
2時間30分まで  900円
外出介助サービス(要介護の人) 30分まで  230円
1時間まで  460円
1時間30分まで  690円
2時間まで  920円
2時間30分まで  1,150円

(注)生活保護受給中の人は無料

申請書

複数のサービスの利用を希望する場合は、それぞれ申請書を提出してください。1枚の申請書で複数のサービス申請することはできません。

申請書

新規で申請する場合、1回のみ利用する場合

変更届

利用回数、時間数、利用事業者等に変更があった場合

辞退届

利用をやめる場合
週2回の利用を週1回に減らす等、利用サービスの一部をやめる場合は変更届になります。

申請先

担当のケアマネジャーを通じて高齢者福祉課サービス事業係へ提出してください。担当のケアマネジャーがいない人は、地域包括支援センターを通じて高齢者福祉課サービス事業係へ提出してください。

事業所向け

実績報告書・集計表

FAQ(よくある質問)