[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年7月20日

総合事業における介護職員処遇改善加算

【問い合わせ】高齢者福祉課サービス事業係(電話:03-3463-1873)

介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」という。)において、介護職員処遇改善加算を算定するには、原則、渋谷区への届出が必要です。

平成29年度介護職員処遇改善計画書の提出について

算定を希望する法人(事業所)は、必要書類を添えて算定開始月の前々月末日までにご提出ください。

1.介護職員処遇改善加算の改定について

厚生労働省より、平成29年度介護職員処遇改善加算の改定が示されました。これを受け、渋谷区の総合事業における介護処遇改善加算(相当)についても、改定を行いました。改定内容の詳細は、以下をご確認ください。

PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。
詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。

サービスコード表

2.届出書類

法人(事業所)により、必要となる書類が異なります。フローチャートでご確認の上、必要な書類を作成してください。

【届出関係書類】

3.注意事項

平成28年度、総合事業において既に加算を取得しており、加算区分が変わらない法人(事業所)においても、平成29年度は届出書が必要となります。計画書のみのご提出はできません。
また、平成28年度は旧・加算Tを取得しており、平成29年度は新・加算Tを取得する場合は、変更扱いとなります。

4.平成28年度実績報告書の提出について

平成28年度に加算を申請・受給した全ての法人は実績報告書の提出が必要です。

  • 提出期限:平成29年8月15日(火曜日)まで
  • 提出様式:平成28年度介護職員処遇改善実績報告書様式

(注)実績報告書様式は、平成28年度実績報告について(介護職員処遇改善加算)(東京都福祉保健局のホームページ)よりダウンロードし、東京都を渋谷区と書き替えて使用してください。
(注)サービスAの処遇改善は手書きにてご記入いただき、合計金額等も修正してください。
(注)年度途中に廃止等をした法人も実績報告書の提出が必要です。

問い合わせ

高齢者福祉課サービス事業係(電話:03-3463-1873)