[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成28年9月9日

ジカウイルス感染症について

【問い合わせ】地域保健課感染症対策係(電話:03-3463-2416)

中南米地域、米国マイアミ市、インドネシア、マレーシア、フィリンピン、シンガポール、タイ、ベトナムなどでジカウイルス感染症が流行しています。

妊婦および妊娠の可能性のある人へ

妊娠中にジカウイルスに感染すると、胎児に小頭症などの先天性障害をもたらす可能性があることから、妊婦および妊娠の可能性のある方は流行地域への渡航を控えた方が良いとされています。やむを得ず渡航する場合は、特に蚊に刺されないように注意してください。

流行地域に渡航される人へ(渡航中の注意事項)

流行地域では、長袖、長ズボンの着用や定期的に蚊の忌避剤(虫よけスプレー等)を使用するなどして、蚊に刺されないように注意してください。