[ページの先頭]

[ここから本文]

手当・助成の種類

石綿(アスベスト)による健康被害について

【問い合わせ】地域保健課地域医療係(公害保健担当)(電話:03-3463-2433)

平成18年3月27日から、「石綿による健康被害の救済に関する法律」に基づき、アスベストにより健康被害を受けた人に、救済給付が支給されることになりました。救済の認定、各種給付金の支給などは「独立行政法人環境再生保全機構」が行いますが、認定申請は保健所でも受け付けています。申請方法など詳しくは、石綿(アスベスト)による健康被害についてのページをご覧ください。

難病等医療費助成

【問い合わせ】地域保健課地域医療係(電話:03-3463-2404)

健康保険内医療費の自己負担額の一部を助成します。
対象となる疾病は、難病・特定疾病一覧表のとおりです。

骨髄移植ドナー支援事業奨励金

【問い合わせ】地域保健課地域医療係(電話:03-3463-2433)

より多くの骨髄・末梢血幹細胞移植の実現とドナー登録者数の増加を図るため、奨励金を交付します。
申請方法など詳しくは、骨髄移植ドナー支援事業奨励金についてをご覧ください。

B型・C型ウイルス肝炎医療費助成

【問い合わせ】地域保健課地域医療係(電話:03-3463-2404)

東京都が指定する肝臓専門医療機関による診断書が必要です。申請方法など詳しくは、問い合わせてください。

難病患者への手当

【問い合わせ】障害者福祉課給付係(電話:03-3463-1924)

心身障害者福祉手当の対象となります。
詳しくは、心身障害者福祉手当のページをご覧ください。

自立支援医療費(精神通院)の支給

【問い合わせ】地域保健課地域医療係(電話:03-3463-2404)

通院医療費の支給申請受付を行っています。

精神障害者保健福祉手帳の交付

【問い合わせ】地域保健課地域医療係(電話:03-3463-2404)

精神保健福祉法にもとづき、申請受付をしています。

原子爆弾被爆者医療費助成

【問い合わせ】地域保健課地域医療係(電話:03-3463-2404)

原子爆弾によって被爆した人およびその子を対象に、健康診断や医療給付などの申請を受け付けています。

原子爆弾被爆者社会参加奨励金

【問い合わせ】障害者福祉課給付係(電話:03-3463-1924)

原子爆弾被爆者社会参加奨励金
対象 被爆者健康手帳を持っていて、7月1日現在で引き続き3か月以上区内に在住している人
手当額 年額 50,000円
支給方法 8月に、本人名義の銀行口座に振り込みます。
申請期間 7月1〜31日
手続き 被爆者健康手帳、印鑑、本人名義の銀行口座がわかるものを持参して、障害者福祉課給付係で手続きをしてください。
更新 一度手続きを済ませれば、その後の更新は必要ありません。

大気汚染健康障害者医療費助成

【問い合わせ】地域保健課地域医療係(公害保健担当)(電話:03-3463-2433)

慢性気管支炎、気管支ぜん息、ぜん息性気管支炎、肺気腫(はいきしゅ)にかかっている18歳未満の人で、一定期間都内に住んでいる場合、 大気汚染健康障害者として認定されると、健康保険内診療の自己負担分が助成されます。
平成20年8月1日から、気管支ぜん息にかかっている18歳以上の人で、一定期間都内に住んでいる場合は、助成制度の対象に なります。 申請方法など詳しくは、大気汚染医療費助成制度についてのページをご覧ください。