[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成28年12月1日

感染性胃腸炎にご注意ください
都内の患者報告数が、流行警報基準を超えました。一人一人が感染予防対策を行いましょう。

【問い合わせ】地域保健課感染症対策係(電話:03-3463-2416)

例年11月から2月にかけての時期は、感染性胃腸炎の発生が最も多くなる時期であり、今後の流行拡大に注意が必要です。一人一人が手洗い等を徹底し、感染予防に努めましょう。高齢者や乳幼児の施設においては十分な感染防止対策をとりましょう。

感染性胃腸炎とは

ウイルスを原因とする胃腸炎の総称です。主な症状は、腹痛・下痢、嘔吐、発熱です。
感染性胃腸炎を引き起こすウイルスの中で、特にノロウイルスは、感染力が強く、人から人への感染、汚染された食品を介して感染拡大していきます。

感染性胃腸炎予防のポイント

  1. 一人ひとりが手洗いをきちんと行うことが大切です。特に、排便後、調理や食事の前には、その都度、石けんと流水で十分に手を洗いましょう。
  2. カキなどの二枚貝を調理するときは、中心部まで十分に加熱しましょう。(中心部が85〜90度で90秒以上の加熱が必要です。)
  3. 吐物やふん便は、次亜塩素酸ナトリウム(塩素系の漂白剤)を利用し、適切に処理しましょう。
  4. 吐物やふん便を処理する際は、使い捨ての手袋、マスク、エプロンを着用し、処理後は、石けんと流水で十分に手を洗いましょう。