[ページの先頭]

[ここから本文]

石綿(アスベスト)による健康被害について

【問い合わせ】地域保健課地域医療係(公害保健担当)(電話:03-3463-2433)

平成18年3月27日から、「石綿による健康被害の救済に関する法律」に基づき、アスベストにより健康被害を 受けた人に、救済給付が支給されることになりました。救済の認定、各種給付金の支給などは「独立行政法人環境再生保全機構」が行いますが、認定申請は保健所でも受け付けています。
なお、救済の充実を図るための医療費等の支給対象期間の拡大等を内容とする石綿救済法の改正法が、 平成20年12月1日から施行されています。指定疾病により死亡された人の遺族に対する弔慰金等も拡充されました。
現在、石綿を原因とする中皮腫や肺がんにかかっている人は、早めに認定申請をしてください。

認定申請の対象となる指定疾病

  • 石綿を原因とする中皮腫(がんの一種)
  • 石綿を原因とする肺がん

申請方法

区役所仮庁舎第三庁舎1階地域保健課地域医療係(公害保健担当) | 独立行政法人環境再生保全機構 | 環境省地方環境事務所のいずれかへ、必要書類を持参または郵送してください。

必要書類

  1. 認定申請書
  2. 申請者の住民票の写し、戸籍抄本、戸籍記載事項証明書のうちいずれか1つ(外国人の場合は旅券、外国人登録原票記載 事項証明書、その他身分を証する書類の写しのうちいずれか1つ)
  3. 認定申請に係る疾病についての医師の診断書その他資料(指定様式あり)
  4. 認定申請に係る疾病が気管支または肺の悪性新生物(肺がん)であるときは、石綿を吸入することにより肺がんにかかったことを証明することができる資料(指定様式あり)

※認定申請書、指定様式のある書類などは各申請先で配付しているほか、 独立行政法人環境再生保全機構の各種様式(雛形)のページから印刷することができます。

特別遺族弔慰金・特別葬祭料

法律の施行前(平成18年3月26日以前)に、石綿を吸引して指定疾病にかかった人がその疾病に起因して亡くなった場合は、 死亡当時に生計を同じくしていた遺族に、特別遺族弔慰金および特別葬祭料が支給されます。
なお、平成20年12月1日施行の改正法により、特別遺族弔慰金および特別葬祭料の請求期限が平成24年3月27日 (旧法では平成21年3月27日)になるなど、給付関係が拡充されました。
詳しい内容や必要書類などは、 独立行政法人環境再生保全機構に問い合わせてください。

独立行政法人環境再生保全機構
電話:0120-389-931(フリーダイヤル)