[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成26年12月5日

鳥インフルエンザについて

鳥インフルエンザウイルスの検査結果について

東京都は、平成26年11月26日に東京都大田区において回収され、簡易検査でA型インフルエンザウィルス「陽性」とされた野鳥の確定検査の結果について、鳥インフルエンザウイルスは検出されなかったと発表しました。

これまでの経緯

  • ホシハジロ1羽を東京都大田区で回収(11月26日)
  • 東京都家畜保健衛生所による簡易検査は陽性(11月27日)
  • (独)農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所において確定検査を実施

検査結果

平成26年12月4日、鳥インフルエンザウイルスが検出されなかったことが判明

今後の対応

環境省により指定された野鳥監視重点区域(当該死亡野鳥が回収された場所を中心とする半径10km圏内)は解除されますが、野鳥に関する情報収集は継続的に行っていきます。

死亡した野鳥を見かけたら

  • 死亡した野鳥などの野生動物には素手で触らないでください。
  • 野鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれるおそれがありますので、野鳥に近づきすぎないでください。
  • 死亡した野鳥を見つけた場合には、渋谷区危機管理対策部防災課(電話:03-3498-9408〜9)に連絡してください。
    (注)夜間および日曜日は、休日・夜間の電話受付(電話:03-3463-1211)に連絡してください。

問い合わせ

死亡した野鳥の回収について

区道、都道等の場合

渋谷区清掃事務所(電話:03-5467-4300)

国道上の場合

国土交通省東京国道管理事務所 代々木出張所(電話:03-3374-9451)

健康相談について

地域保健課感染症対策係(電話:03-3463-2416)