[ページの先頭]

[ここから本文]

鉛の水道管を使用している人へ

【問い合わせ】生活衛生課環境衛生係(電話:03-3463-2287)

昭和55年以前に建設された住宅や施設などで、引き込み管に鉛製の水道管を使用している場合があります。
鉛は水道水中に溶け出しにくい物質ですが、安全のために次のことを行ってください。

  • 水道を朝一番に使用するときや、長時間水道を使用しなかったときは、水が停滞し、鉛の濃度が一時的に高くなることがあります。
    最初の水(おおよそバケツ1杯分)を飲用以外の用途に使用するようにしてください。
  • ほかの材質への取り替えを、家の建て替えなどの機会に検討してください。
    費用は、水道メーターから蛇口までが自己負担になります。

鉛製水道管の使用の有無は、水道局渋谷営業所で確認できます。
保健所生活衛生課では、水道水中の鉛の検査を実施する、検査機関を紹介します。