[ページの先頭]

[ここから本文]

結核の定期健康診断実施報告について

【問い合わせ】地域保健課感染症対策係(電話:03-3463-2416)

結核のまん延防止で最も重要なのは、早期発見と早期治療を確実に行うことです。
感染症予防法に基づく定期健康診断(胸部エックス線のみ)が義務付けられた下記の事業所・学校・施設では、 健康診断を実施するとともに、所在地の保健所に報告する義務があります。

対象

事業者が実施義務者

次の職場に従事する人
学校(専修学校、各種学校を含み、幼稚園を除く)、病院、診療所、助産所、介護老人保健施設、社会福祉施設(注)

定期健康診断実施報告書(事業者用)(PDF 13KB)

PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。
詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。

学校長が実施義務者

次の学校に入学した年度の学生・生徒
大学、高等学校、高等専門学校、専修学校、各種学校(修業年限が1年未満の人を除く)

定期健康診断実施報告書(学校用)(PDF 14KB)

施設の長が実施義務者

社会福祉施設(注)に収容され、65歳に達する日の属する年度以降の人

定期健康診断実施報告書(社会福祉施設用)(PDF 14KB)

(注)社会福祉施設

  • 生活保護法に規定する救護施設、厚生施設、生活困窮者を無料又は低額な料金で 収容して生活の扶助を行うことを目的とする施設
  • 老人福祉法に規定する養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム
  • 障害者総合支援法に規定する障害者支援施設
  • 売春防止法に規定する婦人保護施設

時期および回数

年度内に1回

報告内容

胸部エックス線撮影受診者数

報告義務者

上記実施義務者

法的根拠

感染症予防法第53条の2、第53条の7、感染症予防法施行令第12条

報告期限

実施月の翌月の10日まで。ただし、健診が月をまたがる場合は健診終了月の翌月の10日まで

報告先

〒150-8010(住所不要)渋谷区保健所地域保健課感染症対策係へ、郵送またはファクス(03-5458-4978)で