[ページの先頭]

[ここから本文]

音と振動のめやす

【問い合わせ】環境保全課公害対策係(電話:03-3463-2750)

騒音・振動の大きさはデシベルという単位で表示されます。そのめやすはおおよそ下図のようになります。
振動は工場・作業場など機械類の稼働や建設工事、車両の運行などによって発生し、建物などに影響をあたえます。

人の話し声でも、時と場合によっては大きな騒音源となりますので、参考にしてください。

音の大きさ

音の大きさのめやす
音源の種類 音の大きさ(デシベル)
家庭用設備 エアコン 約41〜59
換気扇 約42〜58
家庭用機器 洗濯機 約64〜72
掃除機 約60〜76
音響機器 ピアノ 約80〜90
エレクトーン 約77〜86
その他 子供のかけ足 約50〜66
車のアイドリング 約63〜75
人の話し声(日常) 約50〜61
人の話し声(大声) 約88〜99

(注)このデータは「生活騒音の現状と今後の課題」(環境省)による

振動の大きさ

振動の大きさのめやす
震度階 屋内の状況 屋外の状況 振動レベル(換算値)
1     55〜65
2 電灯などのつり下げ物がわずかに揺れる。   65〜75
3 棚にある食器類が音をたてることがある。 電線が少し揺れる。 75〜85
4 電灯などのつり下げ物は大きく揺れ、棚にある食器類は音をたてる。座りの悪い置物が、倒れることがある。 電線が大きく揺れる。自動車の運転をしていて揺れに気づく人がいる。 85〜95

(注)屋内外の状況は「気象庁震度階級関連解説表」による