[ページの先頭]

[ここから本文]


放課後クラブ

【問い合わせ】学務課放課後クラブ推進係(電話:03-3463-3068)

すべての子供に“豊かな放課後”を

渋谷区では、全区立小学校で放課後クラブを開設しています。 放課後クラブは、保護者の就労状況にかかわらず、全ての児童を対象とし、学校や地域との連携により、児童一人一人を健やかに育てていくための事業です。 学校施設という安全な環境のもとで、友達と余暇時間をスポーツやゲームで楽しむなど、健やかに放課後の時間を過ごすとともに、宿題や反復学習による学習習慣の定着を図ります。 教育的視点に基づいた、文化的活動・スポーツ活動・学習活動を行うとともに、異年齢交流や地域の人との交流の機会を提供し、集団生活の中で児童一人一人の自主性、社会性及び創造性を養います。


反復学習      ちぎり絵でうちわ作り      クラブ事業の様子      帰りの会で紙芝居

放課後クラブのご案内 | 放課後クラブの利用と会員登録 | 申請書ダウンロード

放課後クラブのご案内

運営

放課後クラブ事業は、教育委員会が運営統括を行い、各放課後クラブの運営は、専門事業者の指導員が行います。 指導員は、利用人数に応じて配置しています。また、地域からの支援や協力を受け、活動の充実を図っています。

活動場所

学校敷地内の“放課後クラブ室”を拠点とし、校庭、体育館、図書室、特別教室など、 学校施設を活用して活動します。学校施設は、学校教育活動や学校施設開放事業と調整して利用します。

費用

放課後クラブ利用料は無料(A・B会員)です。 ただし、登録時の保険料(800円)および、おやつ代(1食70円程度)、放課後クラブ事業の教材費(実費)などの実費については保護者負担となります。

流れ

授業終了後、ランドセルを持って放課後クラブ室へ(決められた場所に、ランドセルを置きます。)
児童は、「れんらくちょう」・「れんらくカード」を出して出席確認を受け、バッジをつけて活動します。
(注)出欠確認ができない場合は、保護者に連絡いたします。

学校の施設を活用して、自由遊びや学習、クラブ事業などさまざまな活動をします。

主な活動内容について
自由遊び 指導員の指導や見守りを受けながら、自由に過ごす時間です。
学習 低学年には学習習慣の定着のため学習時間を設けます。高学年には宿題の声かけをします。
クラブ事業 各クラブでそれぞれ実施しているプログラムです。文化的活動やスポーツ活動など、様々な事業を行っています。 プログラムは、指導員が企画運営するものを中心に、地域の方々の支援や協力、企業の社会貢献活動と連携するなど多彩な内容です。

午後5時 A・B会員 一斉下校 
5時を超えて利用するB会員にはおやつを提供します。(利用者負担・1食70円程度)
(注)5時を超えて利用する場合、保護者のお迎えが必要です。

午後6時 B会員の帰り時間

午後7時30分  特別延長対応の終了


お願い

  1. 災害・緊急時等について
    災害時(地震、火事、台風、大雪など)や、感染症などで学校が休校の場合は、放課後クラブを臨時にお休みする事があります。感染症などで学校が学級閉鎖、学年閉鎖になった場合、該当の学級、学年の児童の利用はできません。
    また、緊急時には、早めに帰宅させたり、保護者に早めにお迎えをお願いする事があります。
  2. 病気・けがについて
    急な発熱、けがの時は保護者に連絡し、お迎えに来ていただく事があります。勤務先以外の場所へ行かれる日(出張など)は連絡先をお知らせください。 放課後クラブ利用者が加入するスポーツ安全保険は、入通院が1日以上で対象になります。 なお、他団体の活動でスポーツ安全保険に加入している場合も、放課後クラブ会員として、別途加入していただきます。
  3. お迎えについて
    午後5時を超えて利用する場合は、お迎えをお願いします。1年生については、5時前の帰宅の場合でも、帰宅路などに慣れるまではお迎えをお願いします。
  4. 電話連絡について
    電話でのお問い合わせ、連絡などは、学校ではなく下記の放課後クラブ室の専用電話におかけください。

平成28年度 放課後クラブ 実施小学校(全区立小学校)