[ページの先頭]

[ここから本文]

こども科学センター・ハチラボ

【問い合わせ】こども科学センター・ハチラボ(電話:03-3464-3485)

施設の内容 | 利用案内 | 展示のご案内


ハチラボ写真1      ハチラボ写真2      ハチラボサイン写真      ハチラボ写真3      ハチラボ写真4

ハチラボロゴ〜渋谷の街からノーベル賞を!〜

ハチ子供たちの科学的思考やものづくりへの意欲を育てるために、科学実験やクラブ活動など学校の授業では体験できない科学・技術・数学のプログラムを、 大学等の研究機関と連携して行います。
また、理数教育重点校を始め、すべての区立小中学校への理数教育支援を行っていきます。

住所:桜丘町23-21 文化総合センター大和田3階 (郵便番号:150-0031)
交通:渋谷駅 5分(JR、東急東横線・田園都市線、東京メトロ銀座線・半蔵門線、副都心線、京王井の頭線)

ページの先頭へ

施設の内容

なるほど実験室

なるほど実験室 あっと驚く実験や不思議な現象の実演を見ながら、科学や数学について楽しく学べる実験室です。
スクリーンや給排水設備も完備しています。

ひらめき工房

ひらめき工房毎月ちがったテーマのワークショップなどを行うスペースです。


ハチギャラリー

ハチギャラリー見て、さわって、考える、体験型の展示スペースです。
科学や数学に興味をもつきっかけづくりとして、ふしぎな現象を楽しく体験できる面白い展示を行います。

ラウンジ

ラウンジ1 科学や数学などの知りたいことを本や雑誌で調べる事ができます。そのほか多目的に利用します。


ページの先頭へ

利用案内

開館時間

  • 10時〜17時

休館日

  • 月曜日(祝休日の場合は開館し、直後の平日が休館日となります。(注)区立学校の長期休業日は開館)
  • 年末年始(12月29日〜1月3日)
  • その他、施設メンテナンス等で休館になることがあります。
    6月の休館日 6日(月)、7日(火)、13日(月)、20日(月)、27日(月)

入館料

無料
*講座等によっては、教材費の実費が必要な場合があります。

利用条件等

入館については、利用の条件は特にありません。
*ただし、講座等の参加については、区内在学や学年などの条件がある場合があります。


ページの先頭へ

企画展

「IMAGINATION LAB. 〜イマジネーション ラボ〜」

4月13日(水)〜6月5日(日)

         

化粧品のテクノロジーが体験できる、出張ラボが登場!資生堂の研究所からやってきた本物の実験アイテムと、テクノロジーを楽しく紹介する映像展示で、落ちない口紅の仕掛け、時を超えてよみがえった古代の香り、光をあやつるファンデーションの秘密など、美と科学のイマジネーションあふれる化粧品の世界をご案内します。      
企画制作:株式会社 資生堂

「伊藤尚未の美術と科学にまたがる不思議展 〜目で見る不思議を体験しよう〜」

6月8(水)〜7月13日(水)

         

伊藤尚未さんは、月刊誌『子供の科学』で16年以上、電子工作の連載を持ち、子供たちに電気・電子分野のモノづくりのおもしろさを伝え続けているアーティストです。 今回の展示では、伊藤尚未さんの作品の中でも「目で見る」不思議を体感できる作品が大集合!なんでこんなふうに見えるのかな?それらのしくみや原理を解説していきます。 語源を見ると、「アート」という単語には芸術・美術だけではなく、技術(テクネ)という意味もあります。サイエンスのアート性、アートのサイエンス性、そして両者にまたがる不思議さ・面白さを体験してみましょう。      
企画制作:NPO法人CANVAS

展示のご案内

【問い合わせ】生涯学習振興課 生涯学習係(電話:03-3463-3049)

常設展示

常設展示として、「たいけん!科学・数学ひろば」を開催しています。(おやすみを除く毎日開催)      
「見て、さわって」体験できる展示です。科学や数学の不思議な世界で遊んでみませんか?



     ワンダーランド写真4
上から見るとかけ算の九九が!
     ワンダーランド写真5
マンホールはなぜ円いのかな?

平成28年度ハチラボ講座(小学生科学・技術)

【問い合わせ】生涯学習振興課 生涯学習係(電話:03-3463-3049)

テーマ 日時 内容
水で大変身! 6月5日・19日(日)
14時〜16時
5日:秘密のレンズで作る顕微鏡
19日:色の七変化―酸アルカリの実験―

平成28年度ハチラボ講座(中学生科学・技術)

【問い合わせ】生涯学習振興課 生涯学習係(電話:03-3463-3049)

「ハチラボ講座(中学生科学・技術)」日程一覧
テーマ 日時 内容
ブタの臓器・器官から読み解くヒトの体のつくり 7月10日(日)14時〜16時30分※講座の進行具合により、多少早めに終了することがあります。 豚の臓器や器官を観察し、呼吸や消化の仕組みを学ぶ

ひらめきワークショップ

【問い合わせ】こども科学センター・ハチラボ(電話:03-3464-3485)

6月「回路を作ろう」


<実施予定>
【日程】4日(土)、5日(日)、11日(土)、12(日)、18日(土)、19日(日)、25(土)、26(日)
【時間】@10時30分 A13時30分 B14時30分 C15時30分 (1回30〜40分)      
【内容】自分で工夫して電気回路を作り、明かりをつけよう。モーターを動かそう。電気回路の楽しい体験です。
【対象】小学校1年生以上
【定員】各回先着8名
【参加費】無料      
【受付】当日10:00から      

6月のワークショップ「事前申込必要」

【問い合わせ】こども科学センター・ハチラボ(電話:03-3464-3485)

「紫外線の秘密を探ろう!」


<実施予定>
【日程】6月4日(土)
【時間】@10時〜11時 A11時30分〜12時30分 (60分)
【内容】前回の開催で大変ご好評をいただいたので、追加開催が決定しました!紫外線って何かな? 紫外線のよいところ、悪いところって? 紫外線ケアってどうするの?紫外線ランプを使った実験を通して、紫外線の秘密を探ろう!
【講師】株式会社資生堂 化粧品開発センター 荒井大輝氏、香取崇広氏
【対象】小学校1年生以上 ※小学3年生までは保護者同伴
【定員】各12名
【参加費】無料
【受付】5月27日(金)10時から電話受付

伊藤尚未の不思議ワークショップ「ミニミニストロボライト〜残像で見る不思議を探ろう〜」


<実施予定>
【日程】6月12日(日)
【時間】@10時〜12時30分 A14時〜16時30分 (150分)
【内容】月刊誌『子供の科学』で16年以上、電子工作のページを連載している伊藤尚未さんを講師にまねいたワークショップです。LEDやトランジスタなどの電子部品をハンダ付けして、ストロボライトを作ります。作ったストロボライトを使って、残像で見える不思議な視覚に触れていきます。アニメーションの原理を自分で作ることによって、表現の幅を広げることができます。 ※作った作品は、持ち帰ることができます。 ※お子様の作品及び感想文等を、ハチラボ及び開催協力団体の業務(ホームページやパンフレット等への掲載を含む)に使用させて頂く場合があります。
【対象】小学校4年生〜中学生
【定員】各12名
【持ち物】手拭きタオル
【参加費】500円
【受付】5月27日(金)10時から電話受付

「スライムが進化したのか!?謎の物体づくりに挑戦」


<実施予定>
【日程】6月18日(土)
【時間】13時30分〜15時00分 (90分)
【内容】生き物ではないけれど、生き物のようにうごめく謎の物体。大好物を見つけると包み込み、まとわりつくようにして飲み込んでいく。謎の物体の正体をあばき、作ってみよう。
【対象】小学校3年生以上
【定員】12名
【参加費】無料
【受付】6月10日(金)10時から電話受付

「コピー機になってみよう」


<実施予定>
【日程】6月26日(日)
【時間】@11時〜12時10分 A13時〜14時10分 B14時20分〜15時30分(70分)
【内容】コピー機に原稿をセットし、スタートボタンを押すと、あっという間に原稿のコピーが出てきます。この時、コピー機の中では6つの作業が行われています。この6つの手順を実際に体験します。協力:株式会社リコー
【対象】小学校1年生以上 ※小学3年生までは保護者同伴
【定員】各18名
【参加費】無料
【受付】6月10日(金)10時から電話受付

平成28年度ハチラボ科学クラブ

【問い合わせ】生涯学習振興課 生涯学習係(電話:03-3463-3049)

平成28年度ハチラボ科学クラブ日程一覧
催し名 日時 内容 費用
ハチラボ科学クラブ(前期) 平成28年5月21日(土)〜9月24日(土)/全10回  14時〜16時 電子工作などのものづくりやロボットのプログラミング入門、化学や物理の実験などのいろいろな体験を通して、科学の世界に触れていこう! 5,000円(教材費・保険代など)