[ページの先頭]

[ここから本文]

用途地域などの種類と面積

平成24年3月30日現在

用途地域などの種類と面積については、平成14年7月に改正された都市計画法に基づき、平成16年6月24日に都市計画決定した。
最高限度高度地区については、建築物の絶対高さ制限を定める高度地区の指定を平成20年12月1日に施行し、平成24年3月30日に一部変更した。

用途地域

用途地域の面積と対区面積率
  区面積 第一種
低層住居
専用地域
第二種
低層住居
専用地域
第一種
中高層住居
専用地域
第二種
中高層住居
専用地域
第一種
住居地域
第二種
住居地域
準住居地域 近隣
商業地域
商業地域 準工業地域
面積 1,511.2ヘクタール 174.3ヘクタール 62.2ヘクタール 65.0ヘクタール 369.1ヘクタール 238.8ヘクタール 118.4ヘクタール 16.7ヘクタール 108.8ヘクタール 324.0ヘクタール 33.9ヘクタール
対区面積率 100.0% 11.5% 4.1% 4.3% 24.4% 15.8% 7.9% 1.1% 7.3% 21.4% 2.2%

その他の指定

最高限度高度地区

最高限度高度地区の面積と対区面積率
  指定面積 第一種高度地区 第二種高度地区 20メートル第二種高度地区 第三種高度地区 13メートル第三種高度地区 16メートル第三種高度地区 20メートル第三種高度地区 30メートル第三種高度地区 30メートル高度地区 40メートル高度地区 50メートル高度地区 60メートル高度地区
面積 1,315.0ヘクタール 174.3ヘクタール 221.8ヘクタール 118.4ヘクタール 22.1ヘクタール 1.7ヘクタール 0.3ヘクタール 267.5ヘクタール 265.5ヘクタール 16.7ヘクタール 91.7ヘクタール 51.5ヘクタール 83.5ヘクタール
対区面積率 87.01% 11.53% 14.67% 7.83% 1.46% 0.11% 0.01% 17.70% 17.56% 1.10% 6.06% 3.40% 5.52%

最低限度高度地区

最低限度高度地区の面積と対区面積率
  指定面積
面積 19.8ヘクタール
対区面積率 1.3%

風致地区

風致地区の面積と面積
  指定面積 第一種風致地区 第二種風致地区
面積 170.1ヘクタール 69.8ヘクタール 100.3ヘクタール
対区面積率 11.3% 4.6% 6.6%

文教地区

文教地区の面積と対区面積率
  指定面積 第一種文教地区 第二種文教地区
面積 438.2ヘクタール 355.1ヘクタール 83.1ヘクタール
対区面積率 29.0% 23.5% 5.5%

特別工業地区

特別工業地区の面積と対区面積率
  指定面積
面積 19.4ヘクタール
対区面積率 1.3%

防火・準防火地域

防火・準防火地域の面積と対区面積率
  指定面積 防火地域 準防火地域
面積 1,511.2ヘクタール 460.1ヘクタール 1,051.1ヘクタール
対区面積率 100.0% 30.4% 69.6%