[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成27年2月27日

一般事務

【問い合わせ】職員課人事係(電話:03-3463-1379)

職員の写真介護保険課介護認定係
平成22年度入区


今の仕事の内容を教えてください。

介護保険の利用希望者からの申請を受けて、要介護度を出すための介護認定審査会を運営するのが主な仕事です。
窓口での申請受付や、認定審査会の審査委員に提出する調査票や主治医意見書をとりまとめて資料の作成も行います。
区民が介護保険を利用するための入口となる会議なので、審査会運営に臨むうえで、審査委員が適正に審査判定を下せるように正確かつ詳細な情報を資料へ落とし込むことが求められています。
そのほかに、認定調査業務の委託業者の管理を行っています。毎月の報告書を通して、実績や調査の進捗状況を把握しています。
責任ある仕事に、日々やりがいを感じて、業務に取り組んでいます。

職場の雰囲気は?

私の係は16名と比較的人数の多い職場で、事務職と専門職で構成されています。知らないことや判断に困ることがあっても、専門職の経験豊富な先輩がたくさんいるので相談しやすい環境です。また、同じ課には同世代の職員が多く、ランチはもちろんのこと終業後や休日に遊びにいくこともあり、とても楽しく充実しています。

公務員を志望した理由・特別区の中でも渋谷区を選んだ理由

学生時代に参加していた高齢者向けデイサービスなどのボランティアを通し、高齢者福祉や介護保険に興味を持つようになりました。
自治体職員として高齢者福祉の事業に携わってみたいと思い、公務員を志望しました。
渋谷区に決めた理由は、渋谷の高齢者施策が他の自治体と比較してより魅力的だったことと、学生時代から渋谷に遊びに来ることが多く親しみをもっていたためです。

仕事をしていて嬉しかったこと

入区して初めての職場は出張所でした。ランチをしていた時に、窓口で対応したお客様とばったり会ったことがあるのですが、向こうもこちらを覚えていて、「感じの良い方だったから覚えていますよ。」と言っていただいたときは嬉しかったです。親しみを持ってくださる区民も多く、渋谷区という基礎自治体であり、地域に密着した職場ならではの出来事だったと思います。

渋谷区職員として必要な資質とは?

笑顔で、粘り強く話を聞く力。電話や窓口では、まず区民の方が意見を話し始めたら最後までひと通り耳を傾けることが大切だと思います。たとえお客様の意見が間違っているように思えても決してさえぎらないこと。こちらが相手の話を受け止めて初めて、こちらの話を聞いてくれる姿勢になってもらえるような気がします。

後輩たちへのメッセージ

私は勉強にあまり自信がありませんでしたが、どうしても、どうしても渋谷区に入りたかったので迷わず第一志望に”渋谷区”と書きました。縁があって面接に呼んでもらい、入区することができました。
面接で熱い気持ちを伝えれば、想いはきっと面接官に伝わるはず!
自分が働きたいのは渋谷区、と思う気持ちがあるのなら、ぜひ第一志望欄に渋谷区と書いてみてください。
渋谷区で一緒に働きましょう!!

職員のある一日

職員のある一日の画像
職員のある一日
開始時間 内容 解説
6時00分 起床 おはようございます。
朝ごはんをしっかり食べて一日のエネルギーを摂取
6時50分 家を出る 電車の中は、読書や友人との連絡をとる時間に充てています。
8時15分 庁舎着 スムースに仕事を始められるよう、身の回りの整理やメールチェックを済ませておきます。
8時30分 始業 区民や地域包括支援センターからの電話に対応します。
10時00分 審査会準備 午後に行われる審査会に向けて準備をします。
12時00分 昼休憩 課の先輩や後輩とランチ
食べるお店がいっぱいで悩みます。
13時15分 認定審査会 審査会の運営。各種専門分野の委員が適切に審査判定できるようにサポートします。
15時00分 窓口対応 来庁されたお客様の窓口対応。認定申請を受付けます。
17時15分 終業 明日のやるべき業務を整理し、帰路につきます。
20時00分 帰宅 帰り道は誘惑がたくさん・・・!寄り道をして、ようやく帰宅
23時00分 就寝 明日の仕事に備えて早く寝ます。おやすみなさい!