[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成27年2月27日

一般事務

【問い合わせ】職員課人事係(電話:03-3463-1379)

職員の写真防災課災害対策推進係
平成18年度入区


今の仕事の内容を教えてください。

渋谷区には防災行政無線、防災情報システム、緊急速報メール、Twitter、防災メール等の情報収集発信ツールがあります。また、新たに防災専用のHPも立ち上げる予定です。災害時には、情報がとても重要なものになります。区民の方々や来街者に対し、いかに迅速かつ正確な情報の受発信を行うかが、区の重要な責務になります。私はそれらのツールをどのように効率よく活用し、運用していくのかを検討する仕事をしています。とても大変ですが、非常にやりがいのある仕事です。

職場の雰囲気は?

職場のは雰囲気はとても良く、よくみんなでご飯を食べに行ったり、飲みに行ったりして、慰労し合ってます(笑)。また先輩職員にも恵まれており、大変な仕事もしっかりサポートしていただきながら進めることが出来ています。

(現職場で)働くうえでのモットー

【常に「自身が被災者なら」という気持ちで】
自分が被災した立場なら、どういう情報がほしいのか、どういうものがほしいか、どう行動するかなどを念頭に、仕事をするようにしています。

公務員を志望した理由・特別区の中でも渋谷区を選んだ理由

私はずっとサッカーをやっており、スポーツを通して青少年育成を行うような仕事に携わりたかったため、公務員を志望しました。渋谷は、文化、スポーツ、ファッション発信の街であり、そんな街で働きたかったこと、また学生の時によく渋谷で遊んでおり(笑)、とても親近感があったので、渋谷区を志望しました。

入区後に気付いた渋谷の魅力

民間事業者と打ち合わせ等をしていると、「渋谷でやる」=大きな宣伝効果になるという話をよく聞きます。改めて「渋谷」というブランド力は凄いと思いました。また私は渋谷区のサッカー部に所属しているのですが、先輩後輩の仲がとても良く、公私共に付き合える仲間が出来ました。そんな仲間が最大の魅力です!

仕事をしていて大変だったこと

私は入区して、最初に配属になったのが、情報管理課という部署でした。学生時代からPC等が好きだったわけではなく、全てが分からないことだらけで、毎日横文字に戸惑っていました(笑)。しかし、先輩方からのフォローと丁寧なご指導のおかげで、色々なスキルを身に着けることが出来ました。これから受験される方も、入区時に自分の興味のある部署に配属になるとは限りませんが、その部署で様々なものを吸収し、それを今後に生かせるように頑張ってください。

後輩たちへのメッセージ

仕事は楽しいことばかりではなく、辛いこともあります。辛くなったら早めに同僚や先輩方に相談して、「石の上にも三年」の精神で頑張っていきましょう!

職員のある一日

職員のある一日の画像
職員のある一日
開始時間 内容 解説
6時20分 起床 テレビを見ながらゆっくり準備します。
7時00分 家を出る 電車通勤。
通勤中は映画を見ているか読書をしています。
8時20分 庁舎着 PCにログインしてメールのチェック、今日の自分スケジュールをチェックします。
8時30分 始業 係内でスケジュールの確認、メールの返信、打ち合わせの準備等
9時00分 打ち合わせ 立ち上げ予定の防災HPについて打ち合わせ。
11時00分 視察対応 他の自治体の方々に、渋谷区防災センターの設備をご説明します。
12時00分 昼休憩  
13時10分 出張 事業説明のため、総務省へ
16時00分 帰庁 総務省への説明結果を上司へ報告
16時10分 問い合わせ 出張の間にあった問い合わせ、メール等に対応する
17時15分 終業 やるべき業務の目途がついたため退庁
19時00分 帰宅 テレビを見たり、走りに行ったり、フットサルに行ったり等、自由に過ごします。
0時00分 就寝 今日も1日お疲れ様でした。