[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成27年2月27日

一般事務

【問い合わせ】職員課人事係(電話:03-3463-1379)

職員の写真文化振興課交流推進係
平成19年度入区


今の仕事の内容を教えてください。

都市交流や国際交流などの事業を幅広く行っています。その中で、今年度私は、主に以下の業務を担当してます。

  1. 日中友好青少年派遣研修
    区立中学生を夏休みに約一週間中国北京市へ派遣するため、団員の募集・選考や旅行手続き、事前・事後研修のサポートなどをしました。
  2. 通訳ボランティア
    区役所へお手伝いに来ていただいている通訳ボランティアのお仕事やシフトの管理などをしています。
  3. 平和関連業務
    「平和・国際都市しぶや」の実現のために、今年度は渋谷区内にある駐日モンゴル国大使館特命全権大使に講演をしていただきました

職場の雰囲気は?

自分が担当する業務以外にも大きな行事が毎月のようにあるため、そのときには、係全員で協力して会場設営をしたり、受付をしたりします。このように、皆で一丸となって、連絡を取り合いながら進めていく仕事が多いため、職場の一体感が強く、チームワークがあります。何かあると皆で親身になって対応してくださるので、困りごとなども、相談しやすく、どんなときでも安心して仕事に向かうことができます。

入区後に気付いた渋谷の魅力

入区後7年間は、渋谷区役所の職員として働く一方で、渋谷区民として区内に生活し、2人の子どもを産み育てました。私たちの暮らした笹塚エリアには、大きな商店街があり、保育園の行き帰りには、お店の方や近所の方が「いってらっしゃい!」「おかえり!」「今日も元気だね!」と毎日声をかけてくださいます。「渋谷」というとまず、多様な人々が行き交うビルの谷間を思い浮かべる方も多いと思いますが、それだけではなく、一本通りを入ると、人々のあたたかい心の行き交う生活の場がしっかりと根付いており、そこに暮らす人々の息づかいもまた、渋谷区の大きな魅力のひとつであることに改めて気付かされました。

子育てと仕事の両立について

6歳と3歳の子どもを育てていて、さらに現在妊娠9ヶ月です。なるべく急なお休みをしないように、よく寝て、よく食べ、よく動き、自分自身も含めて家族全員の健康第一を心掛けています。それでも、子どもの熱などでどうしても休まなければいけないときすぐに仕事を引き継げるように、仕事の進度や進め方、必要書類の場所など、普段から職場内ではこまめに情報を共有するようにしています。産育休や看護休暇などの制度が整っていること、子育て中であってもきちんと責任ある仕事を任せていただけること、子育て経験が活かせる仕事でもあることなどにより、子育て期間=ブランクではなく、子育てをしながらも仕事面でも成長できる環境が整っています。子育て中は、どうしても時間的な制約等ができてしまうため、常に周りの方々への感謝の気持ちを忘れないこと、限られた時間で効率的に仕事を進める工夫を怠らないこと、短期・長期両方の視点でお世話になった分仕事で恩返しをしていくことを目標に日々努力しています。

仕事をしていて嬉しかったこと

今年度日中友好青少年派遣研修を担当しました。日中関係について難しい報道がされる中で中学生を中国に派遣したため、生徒たちがどのような思いをもって帰ってくるか心配していました。まず、帰ってきた生徒たちの元気そうな顔を見てほっとし、報告会、報告書で生徒たちが、自分の目で中国という国を見て、現地の人々と交流する中で、報道だけでは見えない中国という国のあたたかさに触れて帰ってきたこと、またその経験を今後周りに伝えていきたいという思いを持ったことなどを知り、これからのグローバル社会を担う人材の育成に携わることができたことをとても嬉しく思い、やりがいを感じました。

今後の目標

2020年の東京オリンピック・パラリンピックとその先の未来に向けて、外国人を含めた多様な人々にとってより魅力的な街づくりをすること。
子育てと仕事をうまく両立させ、その経験を次の世代にバトンタッチしていくこと。

後輩たちへのメッセージ

私たちの仕事は、渋谷区という世界的にも魅力的な街と、そこに暮らす人々の暮らしを守り、育てていくことです。たくさんの人々の想いの詰まっている場所だけに、乗り越えるべき壁が大きくなることもありますが、その分やりがいがあり、仕事を通して自分を大きく成長させることもできます。渋谷区の未来のために働きたいという熱い思いを持った方と一緒に仕事をするのを楽しみにしています。

職員のある一日

職員のある一日の画像
職員のある一日
開始時間 内容 解説
6時00分 起床 ニュースやメールのチェック。
夫との連絡事項確認。
もっと早く起きた日は、読書や勉強。
6時30分 朝の支度 子どもたちを起こして、着替えなどを手伝い、一緒に朝ご飯。
7時30分 家を出る 子どもたちを夫に任せて、一足先に出発!
8時30分 始業 メールと庁内連絡サイトをチェックしたあと、TO DOリストを確認。
すぐやるべきこと、今日中にやるべきこと、期日の迫っていることなど、仕事の進み具合を再確認。
いくつもの仕事を並行してやることが多いので、もれなく効率的に優先順位を決めて仕事に取りかかります。
9時00分 係打ち合わせ 大きな行事のある日は、係総動員で会場設営などの準備をするため、前もって役割分担などを伝える場を持ちます。
9時30分 関係部署への事務連絡 資料を配ったり、確認事項を伝えたりして回ります。
10時00分 準備物の確認 午後の行事で使うものがきちんとそろっているか再確認。
カメラやボイスレコーダーの充電確認。
10時30分 担当打合せ 担当者同士で、午後の行事の流れを最終確認します。
進行台本など、当日の参加者等の状況を見て最新のものに作り替えます。
11時00分 翻訳確認 通訳ボランティアさんに依頼していた翻訳ができあがったので、スペルミスなどがないか最終確認をして、依頼元所管へ届けます。
12時00分 昼休憩 昼食。妊娠中のため、午後に備えてお腹が張らないように横になって体を休めます。
13時00分 資料作り 上司から急ぎの資料作成を依頼されたため、作業にかかります。
15時00分 会場設営 椅子や机を所定の位置に動かしたり、プロジェクタを設置したり、貼り紙をしたりします。
16時00分 会場確認 上司に会場を確認してもらい、微調整をします。
16時30分 リハーサル 団員が集合。本番に向けたリハーサルをしたり、今後の連絡をしたりします。
18時00分 報告会開会 日中友好青少年派遣研修報告会。100名近い関係者を招待し、研修の成果を報告します。
19時00分 報告会終了 出席者を外へ誘導。後片付け。
20時00分 終業 明日の予定を確認して、退庁です。
21時00分 帰宅 普段は、保育園のお迎えに間に合うように早めに退庁させていただき、帰宅後子どもたちのお迎えから寝かしつけまでをします。
行事等のある日は夫や両親に事前にお願いしているため、帰宅する頃には皆すやすや眠っています。
23時00分 就寝 ご飯を食べて、明日の用意をして就寝。
おやすみなさい。