[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年7月10日

渋谷区の保育園で働こう(過去の若手保育士インタビュー)

【問い合わせ】 職員課人事係(電話:03-3463-1379)

保育園の魅力を知っていただくため、先輩職員にインタビューしました。
職員の経験・体験を通じて、保育士の仕事内容ややりがいをご紹介します。

インタビューの内容

  1. 渋谷区を選んだ理由、渋谷区の魅力
  2. 勤務している保育園の雰囲気 (注)勤務している保育園はインタビュー当時のものです。
  3. 保育士のやりがい、保育士になってよかったと思うこと
  4. これから渋谷区の保育士になろうとしている後輩たちへのメッセージ

平成27年度入区保育士(氷川保育園勤務)

保育士の写真

  1. 渋谷区の保育園には、子育てと仕事を両立している先輩保育士がたくさんいらっしゃるので、結婚・出産の後も保育士として働きたいと考えていたこともあり、渋谷区の保育園を志望しました。また、学生時代に渋谷区の施設や様々な地区を訪れて、その時に接してくれた職員の方の丁寧な対応や区民の皆さまの温かさに触れ、渋谷区に入区したい気持ちが強くなりました。渋谷区は都会という印象が強いですが、緑も多く、家族で楽しめるイベントも多く開催されているので、子育て環境としても魅力があると思います。
  2. 渋谷区の中では小規模で家庭的な保育園で、1歳児から5歳児まで59名が通っています。園舎からはいつも子供たちの歌声や元気いっぱいの声が響いています。私を含めて若手の保育士が多いのですが、とてもユニークで頼れる先輩方がいらっしゃるので、困ったときには相談に乗ってもらい、日々多くのことをアドバイスしてもらっています。
  3. 日々子供たちと接する中で、子供の成長をそばで感じられることです。また、子供たちから学ぶことや助けられることが多く、私自身も一緒に成長させてもらっています。「先生、見て!できたよ!」「先生楽しいね!」と元気いっぱいの笑顔を見ると、保育士になってよかったと心から思います。
  4. 仕事をしていると大変なこともありますが、それ以上の感動と楽しさがあります。また、大変な時に支えてくれる楽しい同期や先輩とも出会うことができました。ぜひ渋谷区の保育士として一緒に働きましょう。

保育士の写真

平成27年度入区保育士(恵比寿保育園勤務)

保育士の写真

  1. 渋谷区の魅力は、繁華街を抱え街の賑わいがあることと、対照的に代々木公園や明治神宮などには緑が多く、都会と自然が同居している点だと思います。都会と自然、両方に触れながら子供たちがどんな風に育っていくのかを見たいと思い、渋谷区を志望しました。
  2. 新園舎になって3年目の設備が整った保育園です。閑静な住宅街にありますが、散歩などで少し足を延ばすと、大きなビルのイルミネーションや緑豊かな公園の自然に触れることができます。地域柄、保護者の中には外国の方も多く、国際色の豊かな園です。ベテランから若手まで幅広い年代の先輩方が在籍しており、いつも親切に指導してくれますが、若手の考えや意見も積極的に取り入れてくれる柔軟な職場です。
  3. 人生の基礎となる子供時代にかかわることにやりがいを感じています。子供は一人ひとり性格も得意なことも違うので、子供に合わせて接し方を考えることは大変ですが、できなかったことをできるようになった瞬間を間近で見られると、保育士で良かったと心から嬉しく思います。
  4. 初めのうちは誰でも不安やわからないことだらけですが、失敗を恐れずにチャレンジしてほしいと思います。また、何でもよいので自分の中でこれは誰にも負けないというものを一つ作っておくと、自信に繋がります。弱気になったときには子供たちの無邪気な笑顔が力をくれます。子供も大人もお互いに成長できる渋谷区の保育園で一緒に楽しく働きましょう。

保育士の写真

平成21年度入区保育士(幡ヶ谷第二保育園勤務)

保育士の写真

  1. 私が受験した当時は、渋谷区は他区に比べて小規模な園が多かったので、一人ひとりと丁寧にじっくりかかわりたいという私の考えに合うと思ったからです。また、渋谷区は子育て支援にとても力を入れていたので、私もその中の一員として働きたいと思い志望しました。
  2. 1歳児から5歳児までの75人が通うアットホームな保育園です。園舎がワンフロアなので、保育士だけでなく調理師や看護師などの職員みんなで子供たちにかかわっています。園全体で考えるという意識を共有しているので、とても温かい雰囲気です。また、自然とクラス以外の子供どうしで触れ合う環境なので、大きい子から刺激を受けたり、小さい子に優しくしたりして成長につながっています。
  3. 子供たちの成長を近くで感じられることです。できなかったことを何度も練習してできるようになった瞬間を一緒に喜んだり、自分のアプローチで子供が変わっていく姿を経験したりすると、この仕事にやりがいを感じます。また、保護者から「安心して預けられた」「先生が担任で良かった」と言ってもらえたことがあり、この仕事をしていて良かったと感じました。子供たちの笑顔からたくさんの元気をもらって、毎日楽しく過ごしています。
  4. 実際に保育士になると、壁にぶつかったり、大変だと思ったりすることもありますが、それを乗り越えた時に保育の楽しさや面白さを感じることができます。また、先輩保育士はたくさん助けてくれますし、いろいろと近くで学ばせてもらうことができますよ。保育士として接する子供たちは、本当にかわいいです。ぜひ渋谷区の保育士を目指して頑張ってくださいね。楽しみにしています。

保育士の写真