[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年11月7日

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館で特別展「渋谷駅の形成と大山街道」を開催します

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報広聴係(電話:03-3463-1287、FAX:03-5458-4920)

現在、渋谷駅周辺は大規模な再開発が行われ、駅の形は大きく変わりつつあります。しかし、駅とその周辺が今の形に発展した背景に、道玄坂・宮益坂を結ぶ大山街道の存在があったことは、あまり知られていません。本展示では、大山街道という切り口から渋谷駅の誕生と形成を考え、大山街道を走った玉電・市電(都電)・地下鉄などの鉄道を紹介します。

【会期】

平成29年10月28日(土曜日)〜平成30年1月21日(日曜日)
11時〜17時  (注)月曜日休館

【場所】

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館(東4-9-1)

【展示構成】

  1. 渋谷の大山街道
    大山街道と渋谷駅周辺の歴史的な情報について、近世から明治にかけての資料を基に紹介。
  2. 渋谷駅の開業
    明治時代の渋谷駅の様子を紹介。
  3. 渋谷駅の移転とターミナル化
    大正から昭和初期にかけての渋谷駅のターミナル化の様子を紹介。
  4. 大山街道を走った鉄道 ―玉電・市電・地下鉄と渋谷駅
    鉄道に関する写真・実物資料を用いて紹介。
  5. 変わる交通の流れ ―戦後の渋谷駅周辺
    戦後の復興事業、そしてオリンピックにより変化した駅周辺の様子を紹介。

【展示資料】

大山街道絵図(藤沢市藤澤浮世絵館所蔵)、道玄坂図(渋谷警察署所蔵)、玉電・市電(都電)の行先板・車両部品・発掘調査で出土したレール、昭和39年頃渋谷駅東口付近のジオラマ、など。
玉電行先板(玉電と郷土の歴史館所蔵)の写真
玉電行先板(玉電と郷土の歴史館所蔵)
昭和42年 渋谷駅東口に並ぶ都電(松井一彦氏撮影)の写真
昭和42年 渋谷駅東口に並ぶ都電(松井一彦氏撮影)
昭和39年の渋谷駅ジオラマ(冨沢瑞夫・昭子氏制作)の写真
昭和39年の渋谷駅ジオラマ(冨沢瑞夫・昭子氏制作)

【展示資料】

  • 日時:平成29 年12月2日(土曜日)、平成30年1月13日(土曜日)
  • 解説:担当学芸員

【講演会】

  • テーマ:「写真でみる昭和30年代の渋谷駅周辺再開発」
  • 日時:平成29年12月9日(土曜日)
  • 解説:担当学芸員

内容についての問い合わせ

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館 担当:担当 田原(電話:03-3486-2791、FAX 03-3486-2793)