[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年10月19日

【渋谷区 アイリス講座特別版 シンポジウム】どうすれば「伝わる」?パープルリボン 〜渋谷から全国へ〜

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報広聴係(電話:03-3463-1287、FAX:03-5458-4920)

渋谷区は、男女平等に関して理解の裾野を広げるための啓発拠点である渋谷男女平等・ダイバーシティセンター<アイリス>において、「【渋谷区 アイリス講座特別版 シンポジウム】どうすれば『伝わる』?パープルリボン 〜渋谷から全国へ〜」を開催します。
このシンポジウムでは、「どうしてパープルリボンの認知や理解がなかなか広がらないのか」、「どうすれば暴力根絶運動への理解を広げられるか」という課題について、渋谷を拠点に活動するNPOや、DV根絶のためのポスターパネルのキャッチコピーを開発したコピーライターなど、第一線で活躍する方々をお招きし、俯瞰的に語り合っていただきます
このシンポジウムをきっかけに、性暴力を生み出し助長する不寛容な社会構造への理解が一人でも多くの人へ深まり、パープルリボンへの理解の輪が渋谷から全国に広がることを願っています。
なお、このシンポジウムは、渋谷男女平等・ダイバーシティセンター<アイリス>が企画している「アイリス講座」の拡大版として、DIVE DIVERSITY SUMMIT SHIBUYA(ダイブ ダイバーシティ サミット シブヤ ウェブサイト:ddss.Tokyo)の一会場であるラフォーレミュージアム原宿にて、キックオフイベントとして開催されます。
報道機関の皆さま方には、是非、ご取材いただきたくご案内申し上げます。

  • 日時:平成29年11月7日(火曜日)14時〜16時
  • 会場:ラフォーレミュージアム原宿(渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6階)
  • 定員:150名
      (注)渋谷男女平等・ダイバーシティセンター〈アイリス〉にて10月25日よりセンター・電話・FAX ・電子申請にて100名分を先着受付。上記とは別に、予約不要の当日枠として50席を用意。

詳細は、【渋谷区 アイリス講座特別版 シンポジウム】どうすれば「伝わる」?パープルリボン 〜渋谷から全国へ〜(PDF 1,019KB)ご覧ください。

PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。
詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。

【内容】

  1. 冒頭あいさつ/パープルリボン説明:5分
  2. 活動・実態報告:40分 (2団体計)
      加害と被害の構造、性被害の現状、団体の活動内容について

(休憩・ステージ転換:5分)

  1. パネルディスカッション「誰に何が伝われば社会は変わるんだろう?」 :合計70分
      玉山さんプレゼンテーション(これまでの取り組み)(20分)
      ディスカッション(50分)

<DIVE DIVERSITY SUMMIT SHIBUYA 2017について>

「ダイバーシティ・イノベーション・サステナビリティ」をキーワードにした基調講演とパネルディスカッション。 都市開発、企業経営、教育、政治、スポーツ、マーケティング、エンタテインメント、テクノロジー、デザイン、 クリエイティブなど様々なカテゴリーの有識者を招聘して、ダイバーシティ社会の現状と未来についての理解を深め、可能性を提示します。 また、エキシビション会場では、ユニバーサルデザインや次世代の福祉技術、テクノロジーサービスなどの展示を行い、新たな学びの場、人脈形成の場を提供します。

登壇者(登壇順)

  • 藤原志帆子(NPO法人人身取引被害者サポートセンターライトハウス)
  • 橘ジュン(NPO法人BONDプロジェクト)
  • 玉山貴康(コピーライター)

司会・モデレータ
  • 阿部知代(アナウンサー)

内容についての問い合わせ

渋谷区総務部 渋谷男女平等・ダイバーシティセンター〈アイリス〉(電話:03-3464-3395、FAX:03-3464-3398)