[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年10月11日

松濤美術館で展覧会「三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館」が始まります

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報広聴係(電話:03-3463-1287)

松濤美術館で、展覧会「三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館」を下記のとおり開催します。
三沢厚彦は、現代日本を代表する彫刻家のひとりです。木彫りという伝統的な技法によって、クスノキの丸太から彫りだされ、油絵具で彩色されたその実物大の動物たち「ANIMALS」は、まさしく「ANIMA(魂)」が吹き込まれたかのごとく、なまなましい生命感を漂わせます。さらに親交の深い、彫刻家の舟越桂、画家の小林正人と杉戸洋、写真家の浅田政志の作品も展示します。
ご紹介いただけましたら幸いです。

「三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館」

会期

平成29年10月7日(土曜日)〜11月26日(日曜日)

開館時間

10時〜18時(入館は17時30分まで)

  • 毎週金曜日は20時まで(入館は19時30分まで)
  • 月曜日(祝日にあたる場合はその翌日)は休館

(注1)毎週金曜日は渋谷区民無料。その他の曜日は渋谷区民2割引き。
(注3)本展の詳細については、別紙の資料(PDF 992KB)をご覧ください。

内容についての問い合わせ

松濤美術館(電話:03-3465-9421、FAX:03-3460-6366)へ