[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年8月21日

「SHIBUYA”To Go”48時間デザインチャレンジ」〜シブヤフォントを使った「渋谷みやげ開発」に向けた試作品ワークショップ〜開催のご案内

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報広聴係(電話:03-3463-1287、FAX:03-5458-4920)

渋谷区公認のパブリックデータ「シブヤフォント」は、昨年度、渋谷区内の「福祉(障害者施設)」×「デザイン(デザイン学生)」×「行政(区)」の連携から生まれた、渋谷らしい新しいフォントデザインです。
現在、シブヤフォントを使った「渋谷みやげ」の開発に本格的に着手しており、11月上旬に渋谷ヒカリエで開催される「超福祉展」での発表に向けて、再び、障害者施設とデザイン学生がタッグを組んで新シブヤフォントの作成を進めています。
中間発表の場として、新シブヤフォントの原図となる文字や絵画を素材に、3DプリンターやUVカッターを使って試作品づくりにチャレンジするワークショップを、下記のとおり開催こととなりました。
つきましては、誠に、お忙しい中とは存じますが、ぜひご取材いただきたく、ご案内申し上げます。

PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。
詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。

「SHIBUYA”To Go”48時間デザインチャレンジ」〜シブヤフォントを使った「渋谷みやげ開発」に向けた試作品ワークショップ〜

日時

平成29年8月26日(土曜日)10時〜19時(9時45分 受付開始)
平成29年8月27日(日曜日)10時〜18時(9時45分 受付開始)

会場

FabCafe MTRL(渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア2F)

取材申込

ご取材いただける場合は、恐れ入りますが8月25日(金曜日)までに、障害者福祉課へメール又は電話でお知らせください。

内容についての問い合わせ