[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年6月9日

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館で企画展「新収蔵資料展」を開催します

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報広聴係(電話:03-3463-1287、FAX:03-5458-4920)

今回の主な展示内容

主に平成 28 年度中に収集した資料を公開する展示です。

  • 当館初公開となるハチ公の写真
  • 昨年文化勲章を受章した作家・平岩弓枝氏より寄贈された初公開となる自筆原稿や関係資料
  • 最近発見された「代々木」の地名の由来となったという大木の写真(明治神宮内にあり、日本一の大木と言われたが、戦災で焼失。残る写真は数枚だが、中でも最も鮮明で大きさが良く分かる写真)
  • 戦時中鉄兜の代用品として紙で作られた代用鉄兜など戦争関係資料
  • 渋谷区内から発掘された考古資料
  • 電話・照明・炊飯用具・扇風機・アイロンなど、時代と共に変化する道具を実物展示により、その移り変わりを紹介する展示

会期

平成29年6月10日(土曜日)〜8月6日(日曜日)
(注)月曜日休館 11時〜17時

場所

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館(渋谷区東4−9−1)

入館料

一般:100円、小中学生:50円
団体(10人以上):一般 80円、小中学生 40円
(注)60歳以上の人、障害のある人と付き添いの人は無料

内容についての問い合わせ

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館(電話:03-3486-2792)