[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年5月12日

個人番号に係る通知カードの所在不明の対応について

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報広聴係(電話:03-3463-1287、FAX:03-5458-4920)

渋谷区において、区民の自宅へ郵送された通知カードのうち、本人への送達に至らず、当区へ差し戻された一部の通知カードの所在が不明となっている事案が発生しました。
判明した経緯は、平成29年2月15日に、通知カードの再交付を申請した区民の方から、4月27日現在、通知カードが未だ届かないとの連絡を受け、調査をしたことによるものです。
通知カードは申請から2〜3週間で地方公共団体情報システム機構(J−LIS)から申請者に簡易書留で送付され、受取ができない場合は、区役所に差し戻されることとなっています。
4月28日、渋谷郵便局へ確認した結果、平成29年3月3日に当区へ送致された記録があり、その中から通知カードに該当するものが9件含まれておりましたが、本日現在9通とも所在が不明となっています。
区では9件の申請者を既に特定済みであり、該当するご本人へは、謝罪とともに状況を説明したうえで個人番号を変更するなど、今後、何らかの被害が発生しないよう万全の対策を行っているところです。
なお、本件に関して、本日までに個人情報の流出などの被害は、確認されておりません。
当区といたしましては、事案の重大性を真摯に受け止め、個人情報の厳格な取扱いを徹底し、再発防止に努めてまいります。

内容についての問い合わせ

区民部住民戸籍課長(電話:03-3463-1671)