[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成28年10月17日

渋谷区とビームスが「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー(S-SAP)協定」を締結

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報広聴係(電話:03-3463-1287、FAX:03-5458-4920)

渋谷区とビームスの調印後の記念写真 渋谷区(区長:長谷部 健)と株式会社ビームス(本社:東京都新宿区、社長:設楽 洋)は、企業の優れた技術やノウハウを活用し、協働して地域社会の課題解決を図る「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結しました。ビームスとしては、自治体とこのような協定を締結するのは、初めてのこととなります。
ビームスは1976年、原宿に第1号店をオープンした創業時より、様々なファッションとライフスタイルを国内外に向けて発信し続けています。
その強みを活かして、渋谷区職員が独自にクールビズ推進委員会を組織し、全庁的に取り組んでいるクールビズに、ビームスが協力しました。まず、「HOW TO BE COOL GUYS !」と題したイベント開催においては、夏季における執務の服装の在り方について、ファッション的な今年のトレンドの流れから、区職員として好感が持てる服装の提案を講義形式で行い、小冊子を作成しました。また、同委員会の依頼により、涼しく業務ができるよう、POLOシャツとTシャツのデザイン及び製作を行いました。
この他の取り組みとしては、9月4日(日曜日)に開催された「SHIBUYA BOSAI FES 2016」のスタッフTシャツの提供も行っています。
今後も具体的なサービスが提供できるよう、連携して検討していく予定です。

HOW TO BE COOL GUYS !での小冊子の写真 HOW TO BE COOL GUYS !での小冊子の写真 HOW TO BE COOL GUYS !での小冊子の写真

「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」の内容

ビームスと渋谷区は、以下の項目について協働して取り組んでいきます。

  1. ライフスタイル領域に関する支援
  2. 街づくりや地域コミュニティの活性化に係る支援
  3. 環境・資源・エネルギー領域に関する支援
  4. 商工観光並びに文化振興に関する支援
  5. 多様性社会(ダイバーシティ)の実現に関する啓発活動への支援
  6. その他必要な支援

内容についての問い合わせ

渋谷区経営企画部経営企画課基本計画担当主査(電話:03-3463-1589)
株式会社ビームス社長室宣伝広報統括本部(電話:03-3470-7968)