[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成28年9月9日

北朝鮮の核実験に抗議する声明

【問い合わせ】広報コミュニケーション課広報広聴係(電話:03-3463-1287、FAX:03-5458-4920)

本日午前9時30分頃、気象庁が北朝鮮付近を震源とする、自然地震ではない通常の波形とは異なる可能性のある地震波を感知し、これを含む諸情報を総合的に勘案した結果、日本政府は北朝鮮が核実験を実施したものと考え、北朝鮮に対して厳重に抗議し、非難する内閣総理大臣声明を発出しました。
度重なる北朝鮮による核実験や弾道ミサイルの発射は、わが国のみならず、北東アジア、国際社会全体の平和と安定を著しく侵害し、これまでの安全保障理事会決議に明確に違反するものであり、看過することはできません。
渋谷区は、世界の恒久平和と永遠の繁栄を招来する世界連邦の建設に賛同し、1960年「世界連邦都市宣言」を行い、2002年には、「平和・国際都市渋谷の日の条例」を制定し、区民総意のもと平和への取り組みを進めています。加えて、世界の都市が連帯し核兵器廃絶を目指す「平和首長会議」へ加盟し、確固たる「平和への意思」を内外に示しているところです。
よって、ここに渋谷区民を代表し、北朝鮮の核実験に厳重に抗議し、唯一の被爆国日本の「平和・国際都市渋谷」から、世界平和への願いを強く発信します。

   2016年9月9日

渋谷区長 長谷部 健   

内容についての問い合わせ

区民部文化振興課(電話:03-3463-1156)へ