[ページの先頭]

[ここから本文]

【更新日】平成29年6月1日

本町2〜6丁目の木造建築物の個人所有者を対象に感震ブレーカーの配布事業を開始しました

【問い合わせ】防災課災害対策推進係(電話:03-3498-9408〜9、FAX:03-3498-9410)

過去に発生した阪神・淡路大震災や東日本大震災における火災の原因の6割以上が「通電火災」によるものでした。
避難時にブレーカーを落とさなかったことにより、電気が復旧したとき、切れたと思っていた電気製品が再び作動し出火することがあります。
感震ブレーカーは地震を感知すると自動的に電気の供給を遮断するもので、「通電火災」による延焼を防ぐことが期待できます。

PDFファイルを見るには、Adobe社から無償配布されている Adobe Reader などのソフトウェアが必要です。
詳しくは、PDFファイルをご覧になるにはのページを参照してください。

対象者

不燃化特区の指定を受けた本町2〜6丁目の木造建築物の個人所有者

配布物

1建築物につき感震ブレーカーまたは感震コンセントどちらか1つ

申請方法

渋谷区感震ブレーカー等配布申請書(PDF 137KB)に必要事項記入のうえ、〒150-8510(住所不要)渋谷ヒカリエ8階防災課に郵送いただくか、 ファクス(FAX:03-3498-9410)でお送りください。

申請期間

平成29年6月1日〜平成30年2月16日

配布期間

平成29年7月下旬〜平成30年3月30日(配布日は別途通知します。)

配布場所

防災課または本町出張所(本町出張所は期日限定)。